プロカメラマンによるライカトーク『5人のライカ』~第二部『ライカトークバトル』Part.1~ | THE MAP TIMES 
Select Language



プロカメラマンによるライカトーク『5人のライカ』~第二部『ライカトークバトル』Part.1~

[ Category:Leica|掲載日時:2016年10月14日 10時30分]


「5人のライカ」イベントレポート
第一部「旅とライカ Part.1」 第一部「旅とライカ Part.2」 第一部「旅とライカ Part.3」
第二部「ライカトークバトル Part.1」 第二部「ライカトークバトル Part.2」 第二部「ライカトークバトル Part.3」

2016年8月13日(土)は、マップカメラの創業日。おかげさまでマップカメラは22周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに、日頃マップカメラをご利用いただいているお客様のおかげです。
そんなお客様へ感謝の気持ちをこめて、マップカメラでは「5人のライカ」と題しまして、プロカメラマンの方々をお招きしてライカトークショーを開催いたしました。
今回は、そんな記念すべきイベントの一部始終をレポートとして皆様にお届けしたいと思います。

第一部は佐藤健寿氏とコムロミホ氏によるトークセッションでしたが、
第二部は萩庭桂太氏、舞山秀一氏、柏木龍馬氏の豪華3名によるトークバトルです!
いったいどんな話が飛び出すのでしょうか?それではレポートをご覧ください!



◆まずは、カメラマンの方々に簡単に自己紹介をして頂きました。

◆萩庭桂太氏
僕はYOUR EYES ONLYというウェブサイトをもう4年半~5年近くやってるんですけど、そこに載っている写真は全部ライカで撮ってる。ここ1年くらいは基本アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.だけで全て撮影しています。
 
◆舞山秀一氏
始めまして、舞山です。
今からご覧にいれるのは、ライカSL(Typ601)を使って作品撮りをしたものです。

今日はライカSLで撮影した写真を持ってきましたが、普段からライカSLばかりを使っているわけじゃなくて、基本はライカM9をメインで使っています。こういうスタジオでのポートレートやファッション撮影、あとは一部の広告に関してはライカSLを使って撮影しています。ライカSLはハイライトに対する許容の強さが凄いので。ライブとかコンサートの撮影もするんですけど、結構重宝しています。

これはわざとコントラストを高くしていますけど、暗部の再現と、ハイライトのディティールを確保するのが上手ですよね。標準のズームレンズ(バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4 ASPH.)を使って撮っているんですけど、多分レンズの良さじゃないかなって僕は思っています。
 
◆柏木龍馬氏
写真作家の柏木龍馬です。
今日はモノクロとカラーの写真を持ってきました。モノクロはフィルムで、KodakプラスXで撮っています。
カラーはすべてライカT(Typ701)。

ここらへんはライカMPとかM6ですね。

で、ここからライカTになります。
基本的に仕事はライカTでしかやっていません。 というかライカTとアポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.しか持っていません。全ての作画はこれで行っています。

これはオートレーシングの写真をかなり大きめに撮ってあるんですが、トリミングとかは一切せずに、完全に寄って撮っています。僕と被写体の距離は大体7~8m。
ライカTにアダプターを介してMレンズを付けているので、フォーカスは全て目測で行っています。
もともとフォトジャーナリストだったんですが、今は作家に転身をして、媒体というよりは写真の展示をメインに仕事をしています。


◆さて、カメラマンの方々の自己紹介が終わったところで、早速ライカトークが始まりました。
いったいどんな話が飛び出すのでしょうか?


僕たちは3人とも使ってるカメラが違うのでライカトークバトルということで呼ばれたんですが、実は共通点があって。
萩庭さんと舞山さんはM型カメラ。僕もライカTの前はM型カメラを使っていました。ライカM9もたぶん共通点ですよね。
そして、萩庭さんと僕はアポズミクロン(アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.)で仕事をしている。
 
僕はズミルックスのみ。
 
アポズミクロン50mmは非常に良くてですね。高いんだけど、その価値は十分にあります。
 
例えばどんなことかというと、画面の細部まで解像度が高いっていう話は当然なんですけど、フォーカスの芯が深い。
僕は1/30とか1/60でシャッターを切ることが多いんですけど、その時にフォーカスの芯が深いレンズというのは物凄い効果を発揮します。
基本的にF8~F11とか絞り込んで使うんですけど(いわゆるパンフォーカス)パンフォーカスといっても、被写体が近い場合とかはあまりその効果が出ないですよね。
結局F8とかF11まで絞り込んでも、ライカTにつけると換算で75mmになってしまうので、深度を深く設定できないに等しいんですよ。
で、芯が深いことの何がいいかっていうと、そのシャッター速度(1/30か1/60)だと被写体がぶれてたり自分がぶれてたりしますよね、常に。 パンフォーカスの効果っていうのは、短い球で絞り込んだスタティック(静的)な 画の時に効果が出てくるわけであり常に何かが動いているという状態だと深度の深さを効果的に持ってくることが出来ない。
(萩庭さんを見て)…わかりやすく説明して。(笑)

2部はそういう良い話はいいと思う。(笑)
もっと普通の話でいいよ!トークバトルって書いてあるけど、この3人は仲が良くてバトルにならないんです。
だから、今日は来てるお客さんとバトルということで。(笑)

◆と、ここで、萩庭氏から「お客さんに話を聞いてみよう」といった提案が。
Part.2以降ではご来場のお客様からいただいた質問をいくつかピックアップしてご紹介いたします。


[ Category:Leica|掲載日時:2016年10月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、手...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]