【Nikon】D850 その進化に迫る <その1> | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】D850 その進化に迫る <その1>

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月25日 20時45分]


D850ブログtit



ついに発表された『Nikon D850』。従来機のみならず、今までの一眼レフの常識を覆すような凄まじい性能へと進化をしました。今回はその性能の中でも注目すべき特徴をピックアップ。正常進化だけでなく、一眼レフの利点とミラーレス機の利点を合わせたような新機能にも注目です。

4575万画素のローパスレス仕様で
9コマ/秒の高速連続撮影を実現
※マルチパワーバッテリーパック(Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18b)使用時

有効画素4575万画素という超高画素センサーを搭載しながら、ボディ単体で最高約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック MB-D18使用で約9コマ/秒連写を実現。D850は今まで不可能と思われてきた、超高画素と高速連写を両立させた次世代の一眼レフです。

 

裏面照射型CMOS採用により
超高画素ながら卓越した高感度性能

D850ブログtit  

従来のCMOSセンサーと比べ、より効率的に光を取り込むことのできる裏面照射型CMOSセンサーをニコンデジタル一眼レフカメラで初めて採用。それにより高感度でもノイズを抑えた画作りが可能です。


ニコンデジタル一眼レフ史上最高の
光学式プリズムファインダー

D850ブログtit

ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラで史上最大のファインダー倍率約0.75倍を実現。このことにより、約1.15倍に広がった視野で撮影により集中できるだけでなく、EVFよりも高い解像度で被写体を詳細に視認可能です。


サイレントインターバルタイマー撮影
シャッター耐久を気にせず、大量のコマ数の撮影が可能

【例えば】インターバル1秒、30分間のタイムラプスムービー用素材(静止画)を取得する場合。

D850ブログtit

・無音なので街中や夜間の撮影で周囲を気にせず撮影可能
・メカ駆動によるブレが起きないのでよりシャープな描写が可能


MF時のピント位置をより明確に確認できる
ピーキング機能(フルHD/HD時)

ピントが合っている部分を、輪郭の着色で確認可能。表示色は被写体の色に応じて、赤、白、黄、青から選択可能できます。

D850ブログtit

・感度設定:3段階(高い、ふつう、低い)から選択可能
・動画ライブビュー時、静止画ライブビュー時、ライブビュー拡大時にも表示可能
・HDMI接続時の接続機器側には記録されないので非圧縮動画撮影にも便利



撮影可能コマ数が約50%上昇(対D810比)


D850バッテリー撮影枚数01
D850バッテリー撮影枚数02

デジタルカメラの性能が上がれば消費電力も増えるイメージですが、D850の場合は従来機と比べて撮影可能枚数がUPしています。しかもその差は約50%増という驚くべき数値。高画素機の中でも群を抜いてスタミナのあるカメラです。









次へ>>



〓〓新製品〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月25日 20時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]