Select Language

【Nikon】D850 その進化に迫る <その1>

[ Category: Nikon|掲載日時:2017年08月25日 20時45分]

D850ブログtit



ついに発表された『Nikon D850』。従来機のみならず、今までの一眼レフの常識を覆すような凄まじい性能へと進化をしました。今回はその性能の中でも注目すべき特徴をピックアップ。正常進化だけでなく、一眼レフの利点とミラーレス機の利点を合わせたような新機能にも注目です。

4575万画素のローパスレス仕様で
9コマ/秒の高速連続撮影を実現
※マルチパワーバッテリーパック(Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18b)使用時

有効画素4575万画素という超高画素センサーを搭載しながら、ボディ単体で最高約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック MB-D18使用で約9コマ/秒連写を実現。D850は今まで不可能と思われてきた、超高画素と高速連写を両立させた次世代の一眼レフです。

 

裏面照射型CMOS採用により
超高画素ながら卓越した高感度性能

D850ブログtit  

従来のCMOSセンサーと比べ、より効率的に光を取り込むことのできる裏面照射型CMOSセンサーをニコンデジタル一眼レフカメラで初めて採用。それにより高感度でもノイズを抑えた画作りが可能です。


ニコンデジタル一眼レフ史上最高の
光学式プリズムファインダー

D850ブログtit

ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラで史上最大のファインダー倍率約0.75倍を実現。このことにより、約1.15倍に広がった視野で撮影により集中できるだけでなく、EVFよりも高い解像度で被写体を詳細に視認可能です。


サイレントインターバルタイマー撮影
シャッター耐久を気にせず、大量のコマ数の撮影が可能

【例えば】インターバル1秒、30分間のタイムラプスムービー用素材(静止画)を取得する場合。

D850ブログtit

・無音なので街中や夜間の撮影で周囲を気にせず撮影可能
・メカ駆動によるブレが起きないのでよりシャープな描写が可能


MF時のピント位置をより明確に確認できる
ピーキング機能(フルHD/HD時)

ピントが合っている部分を、輪郭の着色で確認可能。表示色は被写体の色に応じて、赤、白、黄、青から選択可能できます。

D850ブログtit

・感度設定:3段階(高い、ふつう、低い)から選択可能
・動画ライブビュー時、静止画ライブビュー時、ライブビュー拡大時にも表示可能
・HDMI接続時の接続機器側には記録されないので非圧縮動画撮影にも便利



撮影可能コマ数が約50%上昇(対D810比)


D850バッテリー撮影枚数01
D850バッテリー撮影枚数02

デジタルカメラの性能が上がれば消費電力も増えるイメージですが、D850の場合は従来機と比べて撮影可能枚数がUPしています。しかもその差は約50%増という驚くべき数値。高画素機の中でも群を抜いてスタミナのあるカメラです。









次へ>>



〓〓新製品〓〓


[ Category: Nikon|掲載日時:2017年08月25日 20時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!68票


私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-

私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-[2019年11月13日]

だんだんと寒々しくなり、秋も深まってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。 「秋といえば」で思いつくものは多くありますが、写真好きとしては自然の彩り、紅葉を撮るベストシーズンでございます。 【X-T30+XF90mm F2 R LM WR】 今回私が撮影に赴いたのは、昭和記念公園。 11月2日から11月24日まで『黄葉紅葉まつり 秋の夜散歩』と題してライトアップイベントを行なっています。 日差しの中、自然の美しい赤や黄色の木々を楽しむのもまた一興ではありますが、今回は夜景としての紅...
続きを読む
【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術

【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術[2019年11月13日]

プラザ正面に堂々たる展示が。 2019年11月22日発売が決まったOM-D E-M5 Mark III。 先代のOM-D E-M5 Mark II発売が2015年3月なので、実に4年半ぶりのモデルチェンジです。 新製品の全国ツアーとも言うべき「OLMPUS FOTOFESTA 2019」にて試した方もいらっしゃると思いますが、東京は少し先の11月16日。 幸いにしてオリンパスプラザ新宿がご近所なので、タッチ&トライと作例写真鑑賞を兼ねて進化点を伺ってきました。 オリンパスの十八番ライブコンポジットの作例が美しい ■随所に感...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む