【Nikon】D850 その進化に迫る <その2> | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】D850 その進化に迫る <その2>

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月25日 20時46分]


D850ブログtit



D810の後継機種として登場した『Nikon D850』。その進化の度合いを数値で確かめるべく、2台のスペックシートを並べてみました。D810も素晴らしい一眼レフですが、D850の性能は全てにおいて従来機を上回る性能だということがわかります。

Nikon 最高画質機 新旧比較

  Nikon D850 Nikon D810
有効画素数 4575万画素 3635万画素
画像処理エンジン EXPEED 5 EXPEED 4
最大記録画素数 8256×5504ピクセル 7360×4912ピクセル
ISO感度
(静止画)
64~25600
(32相当の減感
102400相当の増感可能)
64~12800
(32相当の減感
51200相当の増感可能)
記録媒体 XQDカード×1
SDカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-I/IIに対応)
SDカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
CFカード×1
(Type I、UDMA対応)
ファインダー倍率 約0.75倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.7倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 153点(うち、99点でクロス測距が可能、15点F8対応、選択可能55点) 51点(うち、15点でクロス測距が可能、11点F8対応、全点選択可能)
測光方式 180KピクセルRGBセンサー 91KピクセルTTL開放測光
測光範囲 -3〜20EV 0〜20EV
連続撮影速度 最高約7コマ/秒

マルチパワーバッテリーパック MB-D18+電源がEN-EL18bの場合、最高約9コマ/秒
最高約5コマ/秒
マルチパワーバッテリーパック MB-D12+電源がEN-EL15の場合、DXクロップで最高約7コマ/秒
連続撮影枚数
(RAW ロスレス圧縮 14bit FX L)
51コマ(XQDカード) 35コマ(CFカード)
動画撮影 4K対応
3840×2160/30,25,24p
1920×1080/60,50,30,25,24p
1280×720/60,50p
フルHD
1920×1080/60,50,30,25,24p
1280×720/60,50p
液晶モニタ 3.2型TFT液晶
約236万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3.2型TFT液晶
約122.9万ドット
Wi-Fi 内蔵(Bluetooth Ver4.1にも対応) 要、別売りアクセサリー
バッテリー撮影可能枚数 EN-EL15a
約1840コマ
EN-EL15
約1200コマ
寸法(W×H×D)
質量(バッテリー含む)
約146×124×78.5mm
約1005g
約146×123×81.5mm
約980g








<<前へ       次へ>>




〓〓新製品〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月25日 20時46分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む
【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 2019年09月12日
さて今回は、Panasonic DC-S1M レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. で撮影した写真をご紹介いたします。 折角の機会だったのですが雨降りの一日。 というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。 DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、 写真機として十分な画質を誇ります。 赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。 椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。 雨の日の室内というのは光が柔く、 射す、と...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]