【SONY】 "α" movies vol.07「960fpsスーパースローモーションを試す」 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【SONY】 "α" movies vol.07「960fpsスーパースローモーションを試す」 | THE MAP TIMES
Select Language

【SONY】 "α" movies vol.07「960fpsスーパースローモーションを試す」

[ Category: SONY|掲載日時:2018年07月02日 16時45分]

今回はスーパースローモーション(HFR)機能を使ってみました。
SONYの「RX100M4」「RX10M3」以降の後継機種RX10・RX100シリーズ、RX0では最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能です。
ハイフレームレートは一般的なカメラでは60fps、ハイエンドなカメラでも120~240fpsが一般的です。
そんな中で960fpsをコンパクトデジカメで撮影出来るのは驚きです。

写真でいうと1秒間に960コマの連射ができるのと同じですので人の目には捉える事の出来ない一瞬を映像として記録出来ます。

960fpsで撮影したテスト映像

使用機材:DSC-RX100M5
撮影設定: 960fps(画質優先)24p記録
編集時にノイズ除去とグレーディングを行いました。
960fps撮影時には撮影時間の制限があり、今回使用した「RX100M5」では画質優先モードで約3秒となります。

何気なく撮影した日常の一瞬もここまでスローになると非日常で面白い映像となりました。

4K撮影時はイメージセンサーから画素加算や間引き処理をしない全画素読み出しに対応していますが、960fps時はセンサー読み出し方式が異なるため、解像感の低さやモアレが目立ちやすくなります。
また、1コマのシャッタースピードは1/1000秒~となるため、より綺麗に撮影するには充分な明るさの確保と被写体や撮影環境に考慮が必要だと感じました。

ただ、今まではハイスピードカメラと言うと業務用カメラの「Phantom」などプロ向けのカメラばかりでしたが、960fps時でも通常用途では十分の画質で、扱いやすさも含めてコンパクトカメラで気軽に扱える良い時代となりました。
映像表現の幅を広げるツールとしてスローモーション専用機としてもオススメです。

是非、スーパースローモーションで非日常の世界を体験してみてはいかがでしょうか。

▼過去の "α" moviesはこちら▼
【SONY】 "α" movies vol.01 「S-Log2 グレーディング~夜景編~」
【SONY】 "α" movies vol.02 「Log撮影とNDフィルター」
【SONY】 "α" movies vol.03 「α6300&電動ジンバルでスローモーション撮影」
【SONY】 "α" movies vol.04 「動画視点で見るRX100M4の魅力」
【SONY】 "α" movies vol.05 「α9で夜景ムービーを撮る」
【SONY】 "α" movies vol.06 「ピクチャープロファイルを比較する」

▼映像系ブログも合わせてどうぞ!▼
【Panasonic】映像制作日記01 LUMIX GH5×V-Log L&10bitを試す
【Panasonic】映像制作日記02 LUMIX GH5「手ブレロック」を試す
【Panasonic】映像制作日記03 LUMIX GH5「東京・街撮り」
【Panasonic】映像制作日記04「シネマライクな映像を目指してグレーディング」


▼スーパースロー撮影可能なおすすめカメラはこちら▼





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!

電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2018年07月02日 16時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!34票


SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む