【SONY】影を求めて Light and Shadow | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】影を求めて Light and Shadow

[ Category:SONY|掲載日時:2019年02月25日 14時30分]



SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100




『影を求めて~Light and Shadow~』




『撮影』   

「光」あるところには必ず「影」があります。「影」という言葉はネガティブなイメージを抱きやすいこともあり、ついつい「光」の方に注目しがちではありますが、今回は「影」に注目して、「影」を追い求めて、品川駅周辺を歩きました。


使用機材は「SONY α7RⅢ」
「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」
「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」


撮影設定はJPEGエクストラファイン、各種レンズ補正は全て“切”、クリエイティブスタイルは「白黒」コントラスト+3シャープネス+3の設定です。後処理などは一切行っていません。

1枚目の写真はベンチに座り、膝の上にカメラを置いた状態で撮影しています。置きピンで、チルト液晶を傾けて、行きかう人の足元を狙いました。110mmという画角が丁度良く画を切り出せました。靴が地面に着くか、着かないかという印象的な瞬間が非常に気に入っています。前後の動きを感じさせる画となりました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

木製デッキの上に並べられた椅子に印象的な斜光が降り注ぎ、地面に興味深い影のパターンを並べています。背中側に横縞をデザインした椅子で、グラデーションの出方が面白いと思いました。

SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

影に沈む公衆電話機がノスタルジーな空気を醸し出しています。ハイライトとシャドーのコントラストが気に入った一枚です。

SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

机上の傷跡。解像力の高い「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」がその軌跡を捉えました。何てことはない、ただのテーブルですが、モノクロで見ると物体としての「年期」をより強く感じます。手前のテーブルの黒と、奥の背景の白のコントラストが小気味よいです。


SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/400秒 ISO:100

今回追い求めていた「影」。面白い斜光に出会えた瞬間でした。連続した柱に同じような影が落ちていて、そのパターンが気に入りました。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/40秒 ISO:100

後半からは、レンズを「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」に交換して撮影を続けました。最近特に気に入って使用している画角が40mmです。狭すぎず、広すぎず。その丁度良い塩梅は、スナップ撮影に最適だと思います。蒲鉾状の半円ドームには、天井に規則的なパターンと、ドーム両端には放射状に広がるガラス窓がありました。


SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/40秒 ISO:100

先程のガラス窓のすぐ近くのタイルです。窓からこぼれた光がタイルの模様を綺麗に浮かび上がらせています。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:100

S字にカーブした渡り廊下です。水平をワザと崩すと、少し不安感のある画に仕上がりました。目立ったハイライトが無いせいで、さらに不安感が漂う画になっています。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/5000秒 ISO:100

屋外の木陰に一人たたずむ男性。遠くからその後ろ姿を見かけた瞬間に、「画になる背中だな。」と思いました。補正を全て切って、さらに開放にしているので手前周辺部は少し流れているかな。と思いますが、それすらも「味」に感じてしまいます。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100

マンションの1階部分にある駐輪場です。上は建物になっているので、吹き抜けている両側からの光しか届きません。当日の天候は「曇り時々晴れ」直射光が出たり、遮られたりでタイミングを見計らうのが非常に難しい日でした。直射光ではありませんが、奥の吹き抜け道路側からの光によって、自転車の後輪、その輪郭が浮き立つような描写に心が動きました。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

先程と同じ場所です。どこから運ばれてきたのやら、買い物カートが置き捨てられていました。奥の道からの光がすべり込んで、手前の柱を浮き立たせ。反対側の吹き抜けからの光が、カートを浮かび上がらせています。壁の質感までも捉えられているのは、流石「 NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」と言えそうです。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100

こちらはノーファインダーでざっくりと狙ってみたカットです。エスカレーターの両側ガラスに映り込みがあり、面白い表現になっています。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100

ラストカットはゆるく右にカーブを描く廊下を縦構図で狙いました。右手前、柵の影が道にパターンを描いていました。


如何でしたでしょうか。天候条件的に影の狙いずらい日でしたが、精いっぱい影を追い求めて、歩き回りました。「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」の二本はマニュアルフォーカスのみのレンズです。ピントリングの操作感は非常に良好で、狙い通りにピントを送ることが出来ました。解像力も双方申し分なく、素晴らしいレンズだと思います。現像処理などで後からモノクロに変換することも容易となった現代ですが、最初からモノクロのみに設定をしてしまい、現場で画の善し悪しを見るのも良いなと、今回の撮影を通じて思いました。


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年02月25日 14時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]