Select Language

【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7R編

[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月28日 13時00分]


α7Rシリーズを振り返る


9月6日に発売が迫るα7Rシリーズの最新機種α7RIV。

α7Rのシリーズは高解像度機のα7シリーズとして初代、II、IIIと第3代まで歴史を重ねて来ました。同シリーズバージョンとしてベーシックモデルのα7シリーズ、高感度モデルのα7Sのシリーズがラインナップされています。そして新世代のα7Rシリーズとして9月6日にα7RIVが登場します。

待望の第4世代の発売を前に、今回はα7Rシリーズの歴史を振り返っていきます。第1回目はその原点となるα7Rに迫ります。

SONYα7R


初代α7Rが登場したのは2013年11月15日。世界初のフルサイズミラーレスカメラとして、同時に発売されたα7と共に発売されました。当時フルサイズミラーレスへの待望が強く、発表されたフルサイズミラーレスとしての新しい姿は、世界中の人を魅了しました。
当時Eマウントフルサイズカメラとしては、レンズ交換式ハンディカムNEX-VG900がすでに登場していましたが、写真機としてのE-マウントフルサイズ機はα7&α7Rが初めてでした。

SONYα7R


α7Rはフルサイズセンサー搭載の世界最小・最軽量ボディに、光学ローパスフィルターレス仕様の有効約3640万画素35mmフルサイズ「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーを搭載。高解像のセンサーによる滑らかで精細な描写力を備えながら、大きくて重いフルサイズ一眼レフから大幅な軽量化を達成しました。

SONYα7R


ファインダーには高解像度と高コントラストを誇る235万ドットの「XGA OLED Tru-Finder」を採用しており、当時のSONY Aマウントフルサイズ機と同等の性能を有してました。
AF性能は25点のコントラスト検出方式、ドライブ能力は速度優先連続撮影時で最高約4コマ/秒と最新機種に比べると控えめですが、風景撮影等をするには十分な能力です。

SONYα7R


生産が終了した現在でも、十分な描写力を持ち手軽に高画素とαフルサイズシリーズの中でも最軽量ボディを手に入れられることから人気の高い機種となっております。

コンパクトなボディに秘めた高解像度の世界を楽しめるα7Rはいかがでしょうか?




SONYα7RIVご予約受付中




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月28日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む