SONY Cyber-shot RX100M7 発売記念「歴代機種を振り返る」Part3 | THE MAP TIMES 
Select Language



SONY Cyber-shot RX100M7 発売記念「歴代機種を振り返る」Part3

[ Category:SONY|掲載日時:2019年08月28日 12時00分]



2019年8月30日発売予定の『SONY Cyber-shot DSC-RX100M7』
SONYのRX100シリーズも遂に第7世代となりました。
(RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M5A、RX100M6)
今回はRX100M7の発売を記念して歴代のRX100シリーズ進化の機軸をマップカメラスタッフの作例と共に振り返ってみます。
第三回目の今回はSONY Cyber-shot RX100M5~RX100M7を紹介します

第5世代『SONY RX100M5』は新開発センサーの有効約2010万画素、ファストハイブリッドAFシステム(位相差検出AF315点、コントラスト検出AF25点)を搭載することで高速AFを実現し、従来機では撮影の難しかった動きの速い被写体にも対応。
この高速AFを活かして、AF・AE追従で最高約24コマ/秒も可能となりました。
・『SONY RX100M5』使用感や作例を掲載したスタッフの紹介記事はこちら


現在、RX100M6と同じ最新の処理エンジン「BIONZ X」を搭載、瞳AF精度や画質向上がされ、マイナーチェンジを行った『SONY RX100M5A』が販売されております。
・『SONY RX100M5A』の作例を掲載したスタッフの紹介記事はこちら




SONY Cyber-shot DSC-RX100M6

第6世代『SONY RX100M6』、RX100M3~RX100M5Aまでは搭載レンズに変化はありませんでしたが、今回から焦点距離を大幅に拡大した新開発24-200mm/F2.8-4.5を搭載(35mm判換算)
望遠側に焦点距離が強くなった分、200mm側では4.0段の補正効果も実現。
レンズ駆動制御も最適化し、AF速度も当時としては世界最速の0.03秒を実現しました。
今までのRX100シリーズではポートレイトや風景撮影などで焦点距離が足りないと感じていたユーザーにとっては、より撮影の幅の広がるカメラとなりました。
・使用感や作例を掲載したスタッフの紹介記事はこちら

新発売『SONY RX100M7』
静止画・動画の表現は次のステージへ




RX100M6発売時に「後継機はこれ以上、どこを改善させるのか」と印象を受けたほどスペックに不満の少ないカメラでしたが、今回発売を控えるRX100M7では新たにより多くの進化を遂げました。
まず、世代を重ねる度に進化をしてきたAF性能は世界最多357点の像面位相差検出AFに加えて、コントラスト検出AF枠もRX100M6の25点から425点へ多分割化し、検出精度を大幅に向上。
前モデルが持っていた世界最速記録となる0.03秒AFを超える0.02秒の高速AFを実現。(1.0型のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2019年7月広報発表時点。ソニー調べ)

動画機能も充実しており、動画ユーザーから熱望されていたマイク端子を新搭載。
外付けマイクの取り付けが可能となり、高品質な映像に負けない、より高音質な音声収録が可能となりました。
さらに、4K動画撮影時もアクティブモードでの手ブレ補正に対応したことで手持ちでの4K撮影がより気軽に出来るようになりました。
また、動画撮影時にもRXシリーズ初となる高精度のリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AF(人物のみ)にも対応しました。

コンパクトデジタルカメラの分野では他社の追随を許さないほど多くの機能を詰め込んだ『SONY RX100M7』は正に多くのユーザーを満足させてくれる一台と言えるでしょう。


↓SONY Cyber-shot RX100M7ご予約はこちらから↓





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:SONY|掲載日時:2019年08月28日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む
【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 2019年09月12日
さて今回は、Panasonic DC-S1M レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. で撮影した写真をご紹介いたします。 折角の機会だったのですが雨降りの一日。 というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。 DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、 写真機として十分な画質を誇ります。 赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。 椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。 雨の日の室内というのは光が柔く、 射す、と...
続きを読む
とある50R 【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 2019年09月11日
『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]