Select Language

SONY Cyber-shot RX100M7 発売記念「歴代機種を振り返る」Part3

[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月28日 12時00分]


2019年8月30日発売予定の『SONY Cyber-shot DSC-RX100M7』
SONYのRX100シリーズも遂に第7世代となりました。
(RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M5A、RX100M6)
今回はRX100M7の発売を記念して歴代のRX100シリーズ進化の機軸をマップカメラスタッフの作例と共に振り返ってみます。
第三回目の今回はSONY Cyber-shot RX100M5~RX100M7を紹介します

第5世代『SONY RX100M5』は新開発センサーの有効約2010万画素、ファストハイブリッドAFシステム(位相差検出AF315点、コントラスト検出AF25点)を搭載することで高速AFを実現し、従来機では撮影の難しかった動きの速い被写体にも対応。
この高速AFを活かして、AF・AE追従で最高約24コマ/秒も可能となりました。
・『SONY RX100M5』使用感や作例を掲載したスタッフの紹介記事はこちら


現在、RX100M6と同じ最新の処理エンジン「BIONZ X」を搭載、瞳AF精度や画質向上がされ、マイナーチェンジを行った『SONY RX100M5A』が販売されております。
・『SONY RX100M5A』の作例を掲載したスタッフの紹介記事はこちら




SONY Cyber-shot DSC-RX100M6

第6世代『SONY RX100M6』、RX100M3~RX100M5Aまでは搭載レンズに変化はありませんでしたが、今回から焦点距離を大幅に拡大した新開発24-200mm/F2.8-4.5を搭載(35mm判換算)
望遠側に焦点距離が強くなった分、200mm側では4.0段の補正効果も実現。
レンズ駆動制御も最適化し、AF速度も当時としては世界最速の0.03秒を実現しました。
今までのRX100シリーズではポートレイトや風景撮影などで焦点距離が足りないと感じていたユーザーにとっては、より撮影の幅の広がるカメラとなりました。
・使用感や作例を掲載したスタッフの紹介記事はこちら

新発売『SONY RX100M7』
静止画・動画の表現は次のステージへ




RX100M6発売時に「後継機はこれ以上、どこを改善させるのか」と印象を受けたほどスペックに不満の少ないカメラでしたが、今回発売を控えるRX100M7では新たにより多くの進化を遂げました。
まず、世代を重ねる度に進化をしてきたAF性能は世界最多357点の像面位相差検出AFに加えて、コントラスト検出AF枠もRX100M6の25点から425点へ多分割化し、検出精度を大幅に向上。
前モデルが持っていた世界最速記録となる0.03秒AFを超える0.02秒の高速AFを実現。(1.0型のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2019年7月広報発表時点。ソニー調べ)

動画機能も充実しており、動画ユーザーから熱望されていたマイク端子を新搭載。
外付けマイクの取り付けが可能となり、高品質な映像に負けない、より高音質な音声収録が可能となりました。
さらに、4K動画撮影時もアクティブモードでの手ブレ補正に対応したことで手持ちでの4K撮影がより気軽に出来るようになりました。
また、動画撮影時にもRXシリーズ初となる高精度のリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AF(人物のみ)にも対応しました。

コンパクトデジタルカメラの分野では他社の追随を許さないほど多くの機能を詰め込んだ『SONY RX100M7』は正に多くのユーザーを満足させてくれる一台と言えるでしょう。


↓SONY Cyber-shot RX100M7ご予約はこちらから↓





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月28日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!9票


ニコンカレッジ体験レポート

【Nikon】ニコンカレッジ体験レポート[2019年11月19日]

皆様は、Nikonが行っている、「ニコンカレッジ」という講習会をご存知でしょうか。 今回は、ニコンユーザーでもある筆者が、実際にニコンカレッジの講座会に参加してきましたので、その様子をお伝えさせていただきます。 ・ニコンカレッジとは? ニコンカレッジとは、ニコン製品を使っているユーザーに対し、ニコンが提案する、写真スキルアップの為の各種の有料講座のこ...
続きを読む
OLYMPUS PHOTOFESTA 2019

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark IIIを体感! OLYMPUS PHOTOFESTA 2019 レポート[2019年11月18日]

2019年11月16日、JR新宿駅南口のLUMINE0にて「OLYMPUS PHOTO FESTA 2019」が開催されました。 注目の的といえば何と言っても、いよいよ来週11月22日に発売を迎える新機種「OM-D E-M5 Mark III」。 全国を巡って東京は最後でしたが、新製品のお話を伺うべく足を運んできました。 入り口では今回のイベント名が印字された大判ポスターがお出迎え。 こちらの前で記念写真を撮っている方をたく...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】Panasonic LUMIX S1H「シネマクオリティを個人でも」

【11月30日はカメラの日】Panasonic LUMIX S1H「シネマクオリティを個人でも」[2019年11月18日]

皆様は動画撮影をどのように楽しまれているでしょうか。 動画撮影をされる方の多くは憧れの作品や「こんな感じの映像を作りたい!」など目標にする映像作品があると思います。 その中でも映画のような映像を目指して撮影する方も多いのではないでしょうか。 しかし、映画撮影に使われるシネマカメラは高嶺の花、民生機でいかにして映画らしさを表現するか・・・ そんな中「シネマクオリティ」...
続きを読む
null

【11月30日はカメラの日】OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIを褒める[2019年11月17日]

最近の私の愛用しているカメラはOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II。 以前はデジタル一眼レフタイプのカメラを使用していましたが、今年になって買い替えてから、お気に入りの1台となりました。 ミラーレスカメラ全体に言えることですが、ミラーレスカメラのメリットとして、よく語られていることといえば、 カメラがコンパクトであること、ミラーショックがないこと、マウントアダプターでさ...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】

【11月30日はカメラの日】私がEOS Rを選んだ理由[2019年11月16日]

11月30日はカメラの日という事で、 今回は手持ち機材のニューフェイス「EOS R」をご紹介します。 恥ずかしながら私も購入後まだまだ使い倒せてはいないのですが、 「EOS R」は初のRFマウントボディと言う事でお買い換えを悩まれている方も多いかと思いますので、 今回は私が「EOS R」を選んだ理由をお話しします。 私がキヤノンの一眼レフを使い始めたきっかけは、 以前の職場で仕...
続きを読む