StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【TAMRON】都会でスナップ写真を撮る

【TAMRON】都会でスナップ写真を撮る

都会でのスナップ写真というといろいろな撮り方があります。

大きなビル全体を至近距離から撮ることもあれば、夜でも人が活動しているのでそれを捉えることもあります。

ある程度画角が広くて明るいレンズであれば、都会でのスナップ写真を撮りやすいと思います。

先日発売された『TAMRON 20-40mm F2.8 DiIII VXD』はまさにその条件を満たすと気付き、さっそく街へ持ち出してみました。

 

公園にあったオブジェの内側。

黒一色のオブジェですが、カラーで撮ることでより情報量が増えて精細に見えてきます。

 

“TOKYO” のあとに文字が続くのですが、あえて “TOKYO” だけを切り取ります。

まるで地図にピンをさすように、この地に “TOKYO” と書かれた杭が空から落ちてきて地面に突き刺さったかのよう。

 

無機質で表情がなく見えるビルにも実際には個性があり、こういう写し方をするとそれがよくわかります。

カラスらしき黒い鳥がその間をスイスイと飛んでいきます。

日が落ちる時間が早くなってくると、刻一刻と変わる空の明るさをより意識するようになります。

 

夜になったらなったで、都会らしい遊びのある写真を撮ることができます。

ガラス張りの地下街を地上から覗き、リクルートスーツの女性を主役にしつつ、ガラスにオフィスビルの無数の窓明かりを写し込むことで、都会の混沌とした一面を描かんと模索します。

 

 

『SONY α1』と『TAMRON 20-40mm F2.8 DiIII VXD』の組み合わせは、的確に都会の表情を写し出してくれました。

なかなか秀でたスナップシューターで、すっかりお気に入りの組み合わせになりました。

 

▼▼▼ 使用機材はこちら ▼▼▼

[ Category:SONY TAMRON | 掲載日時:22年11月08日 12時21分 ]

LINEで会員登録マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP