マップカメラ鉄道倶楽部

歴史の街で振り返るSL史


まだまだ暑い日が続いていますが、少しづつ秋の気配が感じられるようになってきた9月。
ちょっと遅めの夏休みをいただきました。
日頃、青春18きっぷを使っても関東近県から出ることの少ないコリドラスですが、今回は久しぶりに関西までの
遠征です。

朝一番の東海道新幹線「のぞみ」に乗り訪れたのは京都。
夏休みを終え紅葉までは少し時間があるこの時期は、修学旅行生が多い時期でもあります。
案の定、有名な神社仏閣には多くの学生が押し寄せていました。
で、そんな集団から逃げるように訪れたのは、西本願寺のほぼ裏手にある梅小路蒸気機関車館です。

梅小路蒸気機関車館は、かつて蒸気機関車の基地であった「梅小路機関区」に造られた博物館で、現在17形式
19両の機関車が保存されています。中には今でも走行可能な機関車も数両あり、山口県内を走るSLやまぐち号の
機関車C57形1号機などもここで保管、検修されています。
旧二条駅 出札事務室
梅小路蒸気機関車館の入口と資料展示館。(写真左)
この建物はかつての「二条駅」を移築したもので、明治37年に建てられた日本最古の木造駅舎との事。
中には応接室や出札事務室(写真右)が当時の雰囲気のまま残っており、昔の切符入れ等を見ていると、本当に
タイムスリップした気分になります。

館内を抜け奥に進むとお待ちかねの機関車庫です。
扇形機関車庫
車庫は最近では珍しくなった転車台を中心に広がる扇形車庫で、大正3年に造られたものとの事。
車庫の中には、これまた珍しい時代の異なるいろんな形の機関車が展示されています。
1080号機 C56 160号機
1080号機(写真左)は明治34年に造られた機関車で、ここで展示されている最古の機関車です。
そしてC56 160号機(写真右)。かつて千葉県を走った機関車としてこの鉄道倶楽部でも紹介した機関車がここ
にいました。23年ぶりの再会です。

C58 1号機 C62 2号機
C581(写真左)は静態保存となっていたものの「お召し列車」仕様で保存されています。
他の機関車とは異なるボイラー扉のノブや菊の御紋が、他の機関車と異なる貫禄の様な物を醸し出していました。
C62形(写真右)は日本最大の旅客用蒸気機関車で前回、大井川鐵道の時に紹介しましたが銀河鉄道999の機関
車と同じ形。
スワローエンジェル C62の動輪
C62の側面の除煙板には超特急「つばめ号」牽引機の証、つばめのプレートが付いています。(写真左)
このつばめのプレート、つばめ号牽引機でも一部の機関車にしか取り付けられず、また他の機関車はつばめ牽引
から外れる際、剥がされてしまったことから、今でもつばめのプレートが残る2号機は「スワローエンジェル」
という別名が付いています。

D51トップナンバー
車庫の外では貴重なD51とC62のトップナンバーや

館内を走るイベント列車「スチーム号」
動態保存されている機関車が1日3回、館内を走るイベントも行われています。

スチーム号の鼓動 給水塔
残念ながら時間の都合で走行シーンを見ることはできませんでしたが、走行準備の為、ボイラーには火が入って
おり、SLの躍動感は十分感じられました。(写真左)
脇には大きな給水塔(写真右)があり、石炭の他にも大量の水を使う機関車の維持の大変さも感じられました。

スチーム号
京都と言えば有名な神社仏閣ばかりに足が向きがちですが、たまには鉄道史を振り返るのも悪くありませんよ。

使用機材:OLYMPUS PEN E-P2
     M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mmF4.0-5.6



written by コリドラス
この記事のカテゴリーは『撮り鉄(車両/設備関連)』です | この記事は2010年09月23日現在の情報です。


2013年02月22日
東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅のすぐ先から地下へ潜るための工事が行われています。 渋谷は「谷」というだけあって凹んだ土地です。地...
この記事を面白いと思った人 270人
2013年02月04日
毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間で運転されます。 かつて利根川を利用した水運の街として賑わった佐原や銚子ですが、巨大アウトレットモー...
この記事を面白いと思った人 252人
2012年11月27日
千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと分かったらもう時間がありません。ラストランを迎える旧型車両を見に行ってきました。 久留里線で活躍し...
この記事を面白いと思った人 247人
2012年09月01日
青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線でしか見られなくなったキハ40系気動車。これに乗ると旅しているなという気分になります。 蟹田からさ...
この記事を面白いと思った人 238人
2012年08月27日
昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを目指し青森へ向かいました。 もちろん青森への足は東北新幹線の最新型E5系。 飛行機のファースト...
この記事を面白いと思った人 253人

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号