Panasonic LUMIX GH5 インタビュー【Part 1】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




Panasonic GH5 インタビュー Part1
   
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part1

2017年3月23日に遂に発売開始となります、パナソニック LUMIXミラーレス一眼のフラッグシップモデル“GH5”について お客様へより一層の魅力をお伝えすべく、今回は開発指揮を行ってくださいました香山様へ、直接その魅力を語って頂こうと思います。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

いつも弊社のカメラ製品でお世話になっております。今回は我々としましても追い求めた理想に限りなく近い、マイクロフォーサーズの進化のある種究極に近いカメラを発売させて頂くことができたと自負しております。

とはいえ、弊社のカメラはまだまだカメラ市場の中ではチャレンジャーであることも十二分に認識しておりますので、まずはパナソニックとしてカメラの開発に際し、どういったことに重きを置いて取り組んでいるか、といったお話からさせて頂ければと思います。




Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part1

2001年以降、“LUMIX”という名を冠したデジタルカメラを多岐に渡って開発してまいりました。その際に常に意識している点は、海外でよく使われる言葉であえて表現させて頂くと“Game Change”、すなわち既存の概念を打ち破るような画期的な製 品、機能を市場に投じることにありました。

私個人としましては 2006年以降の商品企画に携わらせて頂いておりますが、今回スポットライトを当てて頂く GH5 に直接関 わる時系列、2008年からご紹介させて頂きます。




Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1

 
Panasonic GH5 インタビュー Part1

一時的に“1st ミラーレス”というようなキーワードで製品訴求をさせて頂いていたこともある通り、世界で初めてミラーボックス、光学ファインダーを廃したレンズ交換式デジタルカメラ “ミラーレス一眼カメラ” を発売したのが弊社でございます。

当初から、光学ファインダーを有する“デジタル一眼レフカメラ”で実現し得ないような、小型・軽量なレンズ交換式カメラシステムとして確立を 致しました。規格に賛同して頂けているメーカー様と相互に高めあってはまいりましたが、小型・軽量という利点はキープコンセプ トとして維持しつつも、実写をするうえでの撮影性能についてはまだまだ“デジタル一眼レフカメラ”の土俵には近づけなかったというのが正直なところです。




Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1

 
Panasonic GH5 インタビュー Part1

ニコンさんの D90でレンズ交換式デジタルカメラ初のHD動画撮影機能の搭載こそされておりましたが、当時としても動画撮影はフルHD(1920×1080)が主流でありました。

初めてフルHDの動画撮影もこなせる“一台二役”のフォト&ムービーのハイブリッド一眼として登場したのが、弊社の GH1 となります。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

GHシリーズのスタートですね。今でこそ G、GH、GX、GF と様々なシリーズがリリースされておりますが、当時としてはGH の“H”にはハイブリットというような意味が込められていたのですか?



Panasonic GH5 インタビュー Part1

実は世代を重ねるごとにその意味合いもより高次のものとなってきておりまして、GH1 の時点においては“ハイディフィニション”からきていました。




Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1

 
Panasonic GH5 インタビュー Part1

実はこのカメラが我々の製品開発におきまして、ひとつの転機を与えてくれたモデルとなっております。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

ハッキングファーム! 高ビットレート!!



Panasonic GH5 インタビュー Part1

簡単に先言われてしまいましたが、ちゃんと説明させてください。(笑)

実は GH2 を軸に市場リサーチを行うことで、悲しい事実と“意外な発見”をすることになりました。 当時の弊社のラインナップとしてはハイエンドモデルの位置づけになりますが、静止画カメラとしての評価は他社と並べてみた時 に“入門クラス”といったような厳しい評価を頂きました。たしかに当時の弊社ミラーレス一眼にはまだまだ足りない性能が多くございました。

「足りない画質性能進化」
「足りないスピード(動体追従 AF 速度、連写速度、全体的なレスポンス)」
「足りない信頼性(剛性、堅牢性)」
「足りないシステム拡張性」
「足りない高級感」



Panasonic GH5 インタビュー Part1

言い得てますが この場でそこまでネガティブにならなくても...。(苦笑)



Panasonic GH5 インタビュー Part1

エンドユーザー様にお手に取って頂き、愛着を持ってお使い頂くためにも、正しい価値観の評価をする必要がございました。

そして、さきほど申し上げました“意外な事実”に突き当たります。




Panasonic GH5 インタビュー Part1

 
Panasonic GH5 インタビュー Part1

マイクロフォーサーズというセンサーサイズ由来の静止画画質進化のハードルが存在する中においても、レンズ交換式 デジタル一眼でムービー画質を追求すると、大型センサー機と同じ土俵でご検討を頂けることが見えてまいりました。




Panasonic GH5 インタビュー Part1

 
Panasonic GH5 インタビュー Part1

カメラの機種名を伏せた状態で、映画やPVの映像制作に関わるような方々が一堂に会したこのイベントでの映像のブラインドテストにおいて、いわゆる業務用機器の“Arri Alexa”や“RED EPIC”、“Canon Cinema EOS C300”、“SONY FS100/F3”などを差し置いて、弊社のGH2が「一番好ましく感じる」映像として最多投票を獲得したという...。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

私も一眼動画にハマりきった時期がありましたので、国内外の情報を収集しておりました。それがハッキングファームを入れることで高ビットレートの映像を記録することを可能にした GH2 の映像であったということですね。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

我々としましても 「ほんまかいな!?(※)」 というような感覚でありましたが、弊社が正式に開発したファームウェアでないところは置いておいたとして、そのような素養が我々の開発したカメラのデバイスにあり、そして目の肥えた方々の評価を得て いるということが発見でした。

※注:開発企画の方々は関西圏におられます。




Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1

 
Panasonic GH5 インタビュー Part1

GH2 のユーザー評価と、ある限られた使い方によって高まった機運をフィードバックしまして開発したのが、まさに “フラッグシップ” と名乗るためにカメラとしての格を意識したGH3となります。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

ガッチリと握れるグリップだけでなく、防塵防滴性能やマグネシウムボディなど、一気に高品位なカメラになりましたね。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

ありがとうございます。この GH3 を開発するために実現するファクターとして、社内では以下を掲げておりました。

・質感描写を体現した写真画質
・プロクオリティのフル HD 動画性能
・研ぎ澄まされた高速 AF/連写/操作
・表示レスポンス
・マグネシウム合金外装/防塵防滴構造
・Wi-Fi 通信機能&アクセサリーの拡張



Panasonic GH5 インタビュー Part1

わりとどこのメーカーさんも目指していた部分ですよね。...オブラートを外すとどうですか?



Panasonic GH5 インタビュー Part1

ぐ...、ここだけの話ですよ。

質感描写を体現した写真画質
⇒ つまり LPF(ローパスフィルター)ありでも APS-C同等の写真画質を目指す!

プロクオリティのフルHD動画性能
⇒ つまり映画の撮れる動画性能を目指す!

研ぎ澄まされた高速AF/連写/操作/表示レスポンス
⇒ つまりGHシリーズはグリップ感を重視することで、ミラーレス最大サイズになってもいい!

マグネシウム合金外装/防塵防滴構造
⇒ つまり将来を見据えた(4K動画時代)放熱設計を確立する!

Wi-Fi通信機能&アクセサリーの拡張
⇒ つまり4K動画撮影を行う時代において、ワイヤレスで動画のリモート操作を目指す!



Panasonic GH5 インタビュー Part1

ここ(マップカメラとお客様)だけの話に留めておきますね。(笑)

一気に勢いが増しましたよ! なるほど、動画技術の先駆者として将来をしっかりこの時期から見据えておられたわけですね。「ミラーレス最大サイズ」というのに一瞬戸惑いましたが、なるほど。そういったパワーバランスのカメラもあり得たのが今になって実感できますね。

そして動画撮影に重きを置くと当時は“ローパスフィルター”はモアレの軽減からも必須であったため、それを含めてもより大型センサーサイズのカメラと写真画質で勝負ができるよう開発に努めていたと。これは夢と浪漫を感じる話です。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

GH3では当時の時点では実現不可能であった4K動画でしたが、弊社のカメラ開発技術はそれをカバーできる受け皿を用意しておく必要があるという責務を感じておりました。

もちろん、動画だけに重きを置いたわけではありません。

一般的にはホームビデオではなく、作品のような本格的に動画を撮影されるお客様は日本国内に占める割合がさほど高くないことも受け止め、静止画カメラとしての画質。そして質感、操作性、堅牢性、各種レスポンスの進化に努めました。




Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1

 
Panasonic GH5 インタビュー Part1

GH3を発表した前後から、すでにこのカメラの登場を見据えておりました。

遂に我々としての悲願である“4K動画”撮影を単体で、しかもカメラ内のSD メモリーカードに収録できるという動画撮影性能を搭載し、さらに苦戦をしていた AF のスピードに おいても「空間認識AF(DFD)」の搭載で大幅に改善。さらにGH3では6コマ/秒であった連写性能についても、2倍の12コマ/秒の高速連写性能を備えるほどとなりました。

また、4Kフォトなど現在につながる新機能についてもファームウェアの更新で対応したりなど、大きな発展の余地をもったプラット フォームでありました。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

このタイミングは必然を感じるというか、「GH4」「4K」「2014年 4月」と、カメラ業界では稀に起こる周期性を感じますね。

GH4に至るまでで随分なウォーミングアップをさせて頂けましたが、ここでようやっとGH5について触れてまいりましょう。




Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part1

LUMIX 史上最高の写真画質と、弊社製品の持ち味であるマイクロフォーサーズの機動力を活かし、「フィールドカメラマン」「ネイチャー」「ドキュメンタリー」の第一線でもお使い頂けるよう願っております。

また、昨今のカメラの動画撮影性能の向上か ら「ハイブリットフォトグラファー」、つまり「フォトグラファー」兼「ビデオグラファー」というような立ち回りを求められるカメラマンさんも増えてきております。そういった方々に非常にオススメできる性能を実現できたと自負しております。

また、映像制作におきましてはもちろん「映画撮影」「PV」「TVCF(コマーシャル)」「ドキュメンタリー」「イベント/ブライダル」といったあらゆる制作現場で扱える性能を目指しております。

あとは、いわゆる“YouTuber”といったような、動画で情報発信をされている方々にも扱いやすいカメラとなっております。



Panasonic GH5 インタビュー Part1

時代に即したカメラでありつつも、映像においては壮大なスケールの現場でもご利用頂ける性能と画質を有しているのですね。

それではここからは製品の特長や、魅力について掘り下げてまいります。



    
Panasonic GH5 インタビュー Part1


Panasonic GH5 インタビュー Part1




[ Category:Panasonic|掲載日時:04月17日 11時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 SONY α7RIII レンズ交換式デジタルカメラ 2位 Canon EOS 6D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ 3位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ 4位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ 5位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ 6位 Canon EOS 5D Mark IV レンズ交換式デジタルカメラ 7位 SONY α7II レンズ交換...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]