Select Language



Panasonic LUMIX GH5 インタビュー【Part 3】

[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月17日 12時00分]


Panasonic GH5 インタビュー Part1
   
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

「AF追従感度」「AFエリア切換感度」「被写体の動き」これらの三つの項目を、被写体やシーンに応じてカスタマイズが可能です。4つのプリセットを予め用意しておりますが、各種調整が可能です。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

この手の被写体・シーン別AFカスタマイズは、キヤノン製品が早くから搭載し、ニーズを高めてきましたね。

各メーカーさんがAF性能の高いカメラには、こういったカスタマイズ機能を実装してきました。これはユーザー要望が非常に高かったのではないかと思います。

ちなみに4つプリセットは、完全に各項目の値を揃えた時には同じ挙動、つまりゼロ設定時の内部パラメータは同じですか?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ゼロ設定時には同じ性能となりますので、あくまでカスタマイズ後のプリセットを予め4つ用意してあるということですね。

各メーカーさんの動向や最近のトレンドは把握しておりまして、こういった機能設定が求められるカメラに仕上がったことが実装の理由です。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

   
Panasonic GH5 インタビュー Part3

ジョイスティック搭載は大歓迎です。やはりデジタル「一眼レフカメラ」は専用の操作キーを備えているものが多く非常に快適です。

フジフイルムの最近の製品などにも採用されましたね。やはりなかなかミラーレス一眼に採用されなかったのは小サイズのボディにレイアウト上の制約と、御社の場合はタッチパッド機能との兼ね合いなどが理由でしょうか?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

理由としてはまさにおっしゃる通りですね。撮影時のフォーカスエリア選択の快適さを追い求めた結果、結局はジョイスティック型の専用操作キーの新設に落ち着きました。これも操作性を重要視した、GHシリーズのボディサイズだから実現できたことでもあります。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

競合機といえるオリンパスOM-D E-M1 Mark IIですら、スロット2はUHS-Iのサブスロットといった位置づけでしたね。

やはりAVCHDを除くすべての動画モード、もちろん4K動画においてもカメラ内でバックアップ記録ができるのが素晴らしいですね。

また、「JEPG」「RAW」「4K/6KPHOTO」「VIDEO」とそれぞれのカテゴリ別に振り分け設定ができるところも、実際の使い勝手を考えるととても良く配慮されています。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ありがとうございます。どちらのスロットでも速度差なく書き込めますので、いろいろな機能アイデアを実現することができましたね。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォトの実現によって約1800万画素相当で30コマ/秒の高速記録が可能になりましたね。

単純な高速連写性能で考えてしまうと、先に発売されたオリンパスのOM-D E-M1 Mark IIの2000万画素・AF/AE追従で18コマ/秒連写(電子シャッター時)というのもインパクトがありましたが、1800万画素のAF/AE追従30コマ/秒連写というと甲乙つけがたく感じますね。

ポイントとしてはOM-D E-M1 Mark IIはRAW記録が可能(連続77コマ)、GH5はJPEG記録のみにはなるもののメモリーカードの続く限り「無制限」で撮影が続けられるといったところですね。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

その通りです。どちらも異なる思想によって進化したと考えており、お客様の用途に合わせて最適な機材が決まってくるといったイメージになるかと思います。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォトの話に戻りますが、1800万画素ということはすでに従来機(GH4/GX7MK2)といった1600万画素機の通常撮影の解像度を超えてます。これで6Kフォトでの連続撮影画質が従来機の通常撮影の記録画質との差はどうなのでしょうか?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

おおよその撮影で「同等以上」の静止画画質といえます。

おおよそと念のため申し上げているのは、ノイズ低減などのアルゴリズムが異なるという点があるためです。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

国内メーカーさんによる従来機・競合機に配慮をしたうえで出てくる「同等以上」という表現は、奥ゆかしい謙遜の心が含まれておりますので、6Kフォトの静止画画質については安心して良さそうですね。(笑)



Panasonic GH5 インタビュー Part3

我々からは申し上げづらい部分をありがとうございます。(笑)




Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォト/4Kフォトモードで撮影した秒間60コマ/30コマ連写から1枚選んで保存する際に、ポストリファイン機能(前後のフレームを使用した画像合成処理)を行えば、さらに高画質な静止画を作り出すことが可能に。

感動的な一瞬をさらに美しく自然な描写で仕上げることができるようになりました。

まず一つ目が「時空間ノイズリダクション」



Panasonic GH5 インタビュー Part3

名前が凄いですね、時空のはざまに放り込まれそうです。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォト/4Kフォトモードで撮影した膨大なデータを用いて、残したい瞬間の前後の複数フレームから被写体の動きを読み取り、画素ごとに動きを考慮したフレーム合成処理を行うことで、ノイズを抑えた美しい1枚の写真として残すことができます。

高感度撮影時にはこの「時空間ノイズリダクション」が自動ではたらき、高ISO時に発生しやすいノイズを大幅に削減することが可能になりました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

機能としては非常に素晴らしいですよね。合成処理時間などの実用性について教えて頂けますでしょうか。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

やはり高感度であればあるほど処理には時間を要する点は否めません。

具体的にはISO800~1600は(2枚)。ISO3200~6400は(3枚)、ISO6400以上は(4枚)と、実際にのノイズを間引くための合成枚数が変わってきます。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ノイズの比率が高いほど、きちんとした信号を得るためにたくさんのデータを参照する必要があるということですね。

処理時間がかかるという点では、長秒露光時のノイズリダクションと同じく、撮った後しばらく待つという気持ちの余裕が必要そうですね。しかし、待った甲斐のある画質が得られるのであれば良い機能だと思います。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

「時空間ノイズリダクション」と同じく、前後画像から参照することで「ローリングシャッター歪み」を補正する機能も新たに搭載しました。

当初は電子シャッターの泣き所をカバーする革新的な機能として期待をしていたのですが・・・。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

いたのですが・・・?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

センサー・デバイス各種の読み出し性能の進化によって、そもそも「ローリングシャッター歪み」がうまく抑制されてしまったことです。ユーザーメリットとしては計り知れませんが、この機能を開発した方々の苦労は心に刻んでおります・・・。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

なるほど・・・、たしかに素の性能が想像以上に高い次元に収まったのは喜ばしいことですが、一緒に心に刻んでおきましょう。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

ユーザーの皆様から「4Kフォト」についてご要望頂いていたのが、撮影後の保存画像の選択についてです。

従来でも秒間30コマの画像から選んで決定的瞬間を保存して頂いていた訳ですが、とても時間がかかるんですね…。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

確かに、船上で4Kフォト撮影をしてお気に入りをセレクトしていたら、疲労と酔いでとんでもない気分になった思い出が。

今回はタッチパネルのスライド操作で一気に移動して、素早く選べるわけですね。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ご不便をお掛けしました。また、一括保存にも対応しましたので、カメラ内で選ばずともメモリーカードに余裕があれば、すべて持ち帰ってパソコンで選定するのも快適かもしれません。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3



   
Panasonic GH5 インタビュー Part3

触っていて感じたのが、メニューの構成がかなり整理されわかりやすくなりました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

やはり直感的にどこに設定項目が格納されているかがわかりづらいというお声を受け、タブごとの設定項目を整理しました。

また、モードダイヤルで特定のモードを選択している場合には、それ専用のメニュータブが現れるようにしましてモードごとの設定項目の変化をよりわかりやすくしました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

たしかに、過去のメニューではモードによってグレーアウトしている項目があり、でも何を変えればそれが有効になるかわからないという時も….。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

まさにそういった点の改善となります。

また、わかりにくいメニューもありますので、メニュー操作中に「DISP.」ボタンを押すことで、その項目でどういったことが設定できるかのヘルプが表示されるように致しました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

なんだかニコンユーザーの私から見て、とても親しみやすいメニュー構成になっていますね。この構成はすごく使いやすいと思います。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

決して模倣したわけではございません。ただ、フォーカスエリアのセレクトもそうですが、やはりインターフェースを突き詰めると同じような体系が落としどころとなるようですね。



    
Panasonic GH5 インタビュー Part3 Panasonic GH5 インタビュー Part3


Panasonic GH5 インタビュー Part1




[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月17日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]