Select Language



Panasonic LUMIX GH5 インタビュー【Part 2】

[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月17日 12時00分]


Panasonic GH5 インタビュー Part1
   
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part2
Panasonic GH5 インタビュー Part2

Panasonic GH5 インタビュー Part2

センサーや画像処理エンジンについては新開発とされておりますが、こちらの詳しくご説明をお願いします。

メーカーHPでの説明については、同シリーズのGH4基準での性能評価説明となっておりました。最近の2000万画素機と比較しての性能についても教えてください。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

まずはセンサーのデバイスについてですが、撮像素子自体はフラットタイプのミラーレス一眼のハイエンドモデルGX8と同等のものとなります。

ただ、回路設計の見直しにより電荷のゲインアップの効率化によってS/N比を向上。約1段分の低ノイズ化を図っております。

また、GX8に対してはLPF(ローパスフィルター)を廃しておりますのでより一層先鋭感の高い画作りとしました。

Panasonic GH5 インタビュー Part2

1600万画素クラス機の“GX7MK2”についても、以前、伏塚様にインタビューさせて頂きましたが、こちらもローパスレス仕様でした。このカメラは「ストリートスナップ」向けのカメラという位置づけのカメラでしたので、ローパスレス化は有意義に感じます。

ただ、GH シリーズについては“動画撮影性能の追求”という側面があるがゆえに、ローパスレス化はモアレの抑制の面からも思い切ったな、という気持ちがあります。 他社の製品も含めてローパスレス化に伴う“解像力アップ”には着目しつつも、意外とモアレの対策については触れていないメー カーさんもございます。

もちろん昨今の 35mm判フルサイズモデルをはじめ5000万画素クラスのモデルまで登場してきており、画素の密度から画素ピッ チが細かくなり、それよりも空間周波数の高い、つまりより細かい被写体があまりなくなってきたことも要因だとは考えておりましたが...。

マイクロフォーサーズについても元来画素ピッチは細かい設計のため、元々モアレが出にくいのであろうという感覚はありますが、 気になったのが製品説明に含まれる“モアレ抑圧回路”という説明です。こちらはどのようなものなのでしょうか?




Panasonic GH5 インタビュー Part2

 
Panasonic GH5 インタビュー Part2

新ヴィーナスエンジンの性能により、縞状に出るような色モアレの除去を非常に効果的に行えるようになっております。

“モアレ抑圧回路”という表現こそしておりますが、ここの制御はブラックボックス扱いでして申し訳ございません。

ご察しの通り動画性能には相当に重きを置いておりますので、動画撮影時のモアレの抑制にも確実な配慮を行ったうえでのロ ーパスフィルターレス化となっておりますのでご安心ください。 今まで以上に動画についてもより質感描写に優れたものをお届けできると考えております。

また、RGB 成分から輝度信号を生成・抽出する際の参照領域が、従来機(2000 万画素センサー搭載機)比で 約9倍のエリアに大幅に拡大しております。これにより、偽信号をさらに低減しつつ、周波数特性を最大約 2 倍にまで飛躍的に向上させています。

高い解像度でもコントラストの再現性を維持でき、より解像感が高い忠実な質感での描写を可能にしています。




Panasonic GH5 インタビュー Part2

Panasonic GH5 インタビュー Part2

“新たに明度別の制御が可能になった新3次元色コントロールにより、暗部・明部の色再現性や色補正精度がさらに向上。
同じ色相を持った被写体の髪や肌の色を適切に分離し制御することで、被写体が持つそれぞれの色を忠実に再現します。”
(メーカーHP 引用)


 
Panasonic GH5 インタビュー Part2

明度ごとのカラーコントロールというと、プロシューマ向けの動画編集ソフトのカラーコントロールホイールの色補正を思い浮かべます。着想としてはそういった制御をカメラ内で分析した被写体情報をもとにやってやろうみたいな感じでしょうか?



Panasonic GH5 インタビュー Part2

実際には着想がそういったイメージというわけではなく、結果的にそのような制御になったというほうが正しいです。

マイクロフォーサーズ機について、やはりピクセルのピッチが細かいことにより、例えば一肌の発色などより大型センサーのカメラに遅れを取っていたという事実がありました。

その点を改善すべく、近しい色相の[肌色 ⇔ 茶色]のようなものを、うまく分離してコントロールする方法を模索しました、結果的にたどり着いたのが色相に加えて“明度別”カラーコントロールを行うような制御となります。

ご質問を頂いてハッとしましたが、たしかにあの動画編集ソフトのカラーコントロール方法こそまさに究極であったのだなと感じた次第です。




Panasonic GH5 インタビュー Part2

Panasonic GH5 インタビュー Part2

Panasonic GH5 インタビュー Part2

AF性能の向上についてはいかがでしょうか。以前GX7MK2についてのインタビューをさせて頂いた際に、最近の御社製品の“空有間認識 AF”の性能の高さについては理解を深めることができました。

“コントラスト AF”というと、従来は位相差 AF に対して「精度」と「暗所性能」では勝るものの、測距スピードについては位相差 AF の方が圧倒的であるというのが常識でした。

他社の製品が撮像面で位相差を用いてAFする“像面位相差 AF”を採用していく中で、あくまで“コントラスト AF”の延長線上にありながら測距スピードを高めてきた技術力には驚くばかりです。

ですが、昨年末に同じくマイクロフォーサーズ陣営の一角であるオリンパスから発売された OM-D E-M1 Mark II の AF 速度、動体 追従性能についてはデジタル一眼レフカメラ比でもかなりの性能であり、 我々も自ら試写比較を行った結果、デジタル一眼レフカメラの中でも動体追従撮影に強いとされている「Canon EOS 7D Mark II」 「Nikon D500」と比べてもその性能が甲乙付けがたいといった感想を抱きました。

同じくマイクロフォーサーズのフラッグシップモデルとしては、発売のタイミング的にも販売価格帯的にもどうしてもこちらの OM-D E-M1 Mark II と比較して AF 性能評価はどうかといった点は気になるところです。

メーカーさんとしては他社製品を貶めるような表現は難しいのは存じ上げておりますが、実際にはやはり検証はされていますよね...。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

AFの性能、ミラーレス一眼としてはもとより“コントラストAF”を採用しておりましたので、いわゆる「AF-S」モードでの測距精度は高いものでありました。

そして読み出しスピードの向上により測距スピード自体もかなりの進化を遂げてきております。AF 時のセンサーの駆動スピード の進化ですが、

GH1(60fps)→GH2(120fps)→GH3(240fps)→GH4(240fps)→GH5(480fps)

このようにGH5では圧倒的に読み出し速度が早くなっており、最速 0.05 秒と業界最高クラスのAF 速度と、精度を実現しております。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

確かに凄まじい進化を遂げていますね。ただ、どうしても動体追従には像面位相差AFなどといったものの方が適しているように感じられます。

コントラストAF を発展させ、ピント位置の異なる画像データから空間を認識し、距離情報を瞬時に演算する DFD(Depth From Defocus)の技術は非常に技術的なハードルも高かったのではないかと感じてしまいます。

また、一部のメーカーでは 1 画素が 2 つのフォトダイオードから成っており、そこから位相差情報を得るようなシステムもございます。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

フォトダイオードを2分し、位相差情報を得る仕組みは我々としても一つの理想的なものであると感じております。

ですが、マイクロフォーサーズのセンサーサイズでフォトダイオードを2分割することは現時点では厳しいというのも事実です。

また、もう一つの理由、こちらが弊社としては重要なのですが、位相差AF とコントラストAF を組み合わせた AFシステムの制御について、やや疑問を感じてきた点がありました。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

つまり、位相差AFでデフォーカス量と距離方向を測り一気にピントを動かし、最終的にコントラストAFで最後の精度出しを行うといった特性のことでしょうか?

実に得意不得意を相互に活かした制御アルゴリズムであると感じておりますが...。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

やはり制御上、特性を活かすにはそう言ったパワーバランスでの制御をされているメーカーさんが多いと考えております。

ですが、例えば暗所での位相差AF測距と言うとどういった印象をお持ちですか?



Panasonic GH5 インタビュー Part2

確かに-4EV、-3EV 対応などと謳われている暗所に強いとされるカメラにおいても、暗所ではスピードが鈍りますね。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

そうなのです。つまり、位相差 AF で初動を始める AF 制御アルゴリズムでは限られた条件では実はベストパフォーマンス が発揮できないのではないかと考えたことが、コントラスト AF を進化させた“空間認識 AF”を開発するに至った理由となっております。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

完全に逆転の発想に感じてしまいましたが、確かに「精度が高い」「暗所に強い」といった両側面を持ったコントラストAFが「測距スピード」を手に入れたとなれば理想的ですね。

ただこれも「AF-S」で止まりものを撮った時に限ったものでは?



Panasonic GH5 インタビュー Part2

もちろん「動体追従性能」の向上なくしてはAFシステムとしての完成とは呼べません。




Panasonic GH5 インタビュー Part2

Panasonic GH5 インタビュー Part2

Panasonic GH5 インタビュー Part2

DFD を用いた“空間認識 AF”で、フレーム間の被写体の動き量をベクトル情報(移動方向と移動量)として算出しておりますが、そのAF情報の更新速度を従来比(GH4)で、約6倍に向上させております。これにより毎秒480フレームに対して内部でAF追従ができております。

さらに内部で演算を行うために取得している被写体情報の分解能を、こちらも従来比約8倍に高めたことで距離情報の取得精度が非常に高くなっております。

最後に“動き補償回路”搭載によって被写体の動きに対しての検出性能を高めることができました。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

また初耳の回路が登場しましたが、「動き補償回路」とは つまり、予測駆動アルゴリズムを組み込んだということでしょうか?



Panasonic GH5 インタビュー Part2

そうですね、確かにそう言ってしまっても問題ないかもしれません。一応ですが、そういった処理を行う回路自体を新たに新設したことになります。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

実際のところ、AFの性能の手応えとして、競合機と比較していかがでしょう。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

AF制御や諸々の思想の差異が現れている前提はございますが、正直申し上げまして「AF-S」の測距スピード、精度。

さらには「AF-C(コンティニュアスAF)」時の動体追従においても遜色ない、むしろ自信があります。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

!!

高次元な争いにおいて自信ありとなるとだいぶ見方が変わってきますね…。今までのGHシリーズは「動画撮影性能」を重要視される方向けの選択肢であると感じておりました。

静止画撮影のAF性能がそこまでのレベルに達しているとなれば、まさにオールマイティに使える死角のないカメラと言えそうです。ぜひ試してみたくなりました。



Panasonic GH5 インタビュー Part2

ありがとうございます。ぜひとも多くのエンドユーザー様にこの撮影性能を体感して頂きたいと思います。

また、AFについての補足ですがGH5の動体AF性能の飛躍的向上に伴い、シーンに合わせてAFのカスタマイズが可能となりました。



~AFカスタマイズと操作性の向上について事項でも引き続きご紹介します~

  
Panasonic GH5 インタビュー Part2 Panasonic GH5 インタビュー Part2


Panasonic GH5 インタビュー Part1




[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月17日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]