Panasonic LUMIX GH5 インタビュー【Part 5】 | THE MAP TIMES 
Select Language



Panasonic LUMIX GH5 インタビュー【Part 5】

[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月17日 12時06分]


Panasonic GH5 インタビュー Part1
   
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part5


Panasonic GH5 インタビュー Part5

Panasonic GH5 インタビュー Part5
 
Panasonic GH5 インタビュー Part5

4:3用アナモフィックレンズを使用すれば、シネマスコープサイズへの編集・再生が可能になる「アナモフィック(4:3)モード」を搭載しています。

4Kと同等の画素数で、4:3で撮影した動画を専用ソフトでシネマスコープサイズに編集することで、4K画質の高精細をそのままに、美しいシネマスコープサイズの映像として残すことができます。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

私もここまでの深淵には個人的に立ち入ったことがありませんが、アナモフィックレンズのアダプターなどが一部の方々の間で大ウケしているのは存じておりました。

やはり2.39:1の圧倒的なワイド感にカメラ自体が対応するのはすごいですね。こういったマニアック?というと語弊がありますね、先進的な楽しみ方をされている方々の情報をきちんと収集されているのだな、というのが実感できます。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

もちろん4:3で横幅をギュッと押し込めたような記録になりますので、それを2.39:1で楽しむには専用のソフトでの編集は必要です。

4K解像度を活かして引き延ばしても非常に高精細なワイド映像をご堪能頂ければと思います。その他にも動画撮影に役立つようなサポート機能を多数搭載しました。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

ゼブラ表示(白とび警告)や、ピーキング機能は最近の動画が得意なカメラには採用されはじめましたが、「波形モニター」や「ベクトルスコープ」はモニタリング用の機材、あるいは編集ソフトの中でしか見たことがないです。


Panasonic GH5 インタビュー Part5


Panasonic GH5 インタビュー Part5

いろいろな開発が進んでいく中で、「イケるな」と思ったものはすべて機能として実装しております。




Panasonic GH5 インタビュー Part5

Panasonic GH5 インタビュー Part5
 
Panasonic GH5 インタビュー Part5

これ注目してました!

通常のマイク端子接続の機器では静かな環境下で「サーッ」というホワイトノイズがどうしても気になってしまい、XLR端子のマイクをPCMレコーダーに接続して収録、カメラ内の音声と編集時に差し替えておりました。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

やはりクリーンな音声を得ようと思えばXLR端子のようなバランス入力が不可欠です。

4K動画が撮影できるようになると、今度は音声がそれに見合ったレベルで収録できていないと臨場感が欠けてしまいますから。

そういった意味で、この製品はとことん開発陣と煮詰めて造った自信作となっております。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

外部マイクにファンタム給電が可能なのにアダプター自体の給電はプラグインパワーでカメラからとれるという、かなり使い勝手のよい製品ですね。ただ、せっかくのバランス入力の音声がカメラへの入力でアンバランス入力になってしまうといったことはないのですか?

Panasonic GH5 インタビュー Part5

それでは意味がないので、接続には非常に工夫を凝らしました。ホットシューの接続端子を増設してしまうのが早道なのですが、今回はそれはあえてせずにホットシューの端子はそのまま信号を取り込めるように仕上げました。

あまりに高価になってしまうとお客様の手に取って頂けませんので、開発上はかなりの苦労がありました。




Panasonic GH5 インタビュー Part5

Panasonic GH5 インタビュー Part5

 
Panasonic GH5 インタビュー Part5

音声については、もうひとつ拘りの機能を紹介させてください。

GH5ではカメラ内部の動作音の録音を抑える、ノイズキャンセリングマイクを内蔵しております。

どういったものかと言いますと、音声収録用のステレオマイク入力(L・R)のチャンネルに加えて、カメラの内側を集音するマイクを搭載しております。

これにより、カメラ内部で発生する動作音や、レンズ動作音などのノイズを専用チャンネルで収録します。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

そして、それをLRチャンネルから間引くことでノイズキャンセルを行っているということですね。

やり過ぎじゃないですか?笑



Panasonic GH5 インタビュー Part5

本当にGH5には可能性のある限りを詰め込ませて頂きました。




Panasonic GH5 インタビュー Part5

Panasonic GH5 インタビュー Part5

お話を伺うことでパナソニックさんの開発技術の高さがとてもよく理解できました。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

ありがとうございます。カメラメーカーとしては最後発ではございますが、お客様に選んで頂けるような性能、品位、満足感を得られるようなカメラに仕上がったのではないかと感じております。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

最後に、このカメラをご検討中の方、これから検討対象に入れて頂く方のためにもメーカーさんとして一言頂けますでしょうか。



Panasonic GH5 インタビュー Part5

パナソニックが有する開発技術力を結集いたしましたGH5。写真家の皆様、ビデオグラファーの皆様のご期待に、高い次元でお応えするカメラ性能を実現できたと感じております。

日頃よりLUMIXをご愛顧くださっているお客様も、GH5に関心を持ってくださっている方も、是非とも手に取り、そのポテンシャルを体感いただければ、と思います。



    
Panasonic GH5 インタビュー Part5 Panasonic GH5 インタビュー Part5


Panasonic GH5 インタビュー Part1




[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月17日 12時06分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】E-M5MK2×梅雨色 2019年06月13日
雨の音。 夏の前の、気だるい6月。 この時期は毎年頭痛と戦う筆者です。 頭を抱えながら早く夏空が見たいと思う月。 こんな淀んだ気分になってしまう時期でも、好きなものがあります。 それはこの時期だけの色。音。 ƒ/3.5 1/60sec ISO-1000 梅雨は他の時期の雨とは違う、静かで少し暗みがかった青というイメージがあります。 雨の色、紫陽花の色、傘の色。 雨の影響か人が少なく、いつもは子供の声が聞こえる場所も雨音だけ。 そんな今だけの、非日常のような光景を今回はお届け出来たら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]