Select Language



Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 焦点距離:28mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200


Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX


35mmフルサイズ対応の大口径広角ズームレンズ「AT-X 16-28 F2.8 PRO FX」は、持った時の質感が良いです。トキナーPROレンズの伝統となりつつある、マニュアルフォーカス切替のワンタッチフォーカスクラッチ機構も搭載。今ではフルタイムマニュアルが主流となりつつある中、スライド操作は少々面倒に感じますが、その分マニュアルに移行した時のフォーカスリングの適度な重さが、非常に扱いやすく感じました。オートフォーカス機能も優秀で機敏に反応してくれます。低速ギアが組み込まれたというサイレントドライブモーターは、その低速ギア独自の重さみたいな物を感じる事がありますが、その分力強さも感じ、不思議な安心感がありました。


Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200

広角レンズのウイークポイントと言えば、光源の影響を受けやすい事と周辺光量の低下などが上げられますが、それらの部分の対応にもぬかりないと感じました。フィルターが装着できないというデメリットはありましたが、前面に飛び出した新開発のレンズ群とマルチコートが周辺まで高いコントラストを維持しています。太陽光を配置した写真でも分かるように、ゴーストやフレアもよく抑えられているのではないでしょうか。


Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 焦点距離:28mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:200

広角レンズは接写して得られる遠近感も楽しいもの。このレンズも28cmまでの接写が可能で、大口径F2.8と合わせて広角レンズながら美しいボケ味を楽しむ事ができます。

Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200

Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 焦点距離:28mm / 絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:2000

高級感ある作りと高い光学性能から、純正レンズに負けない高性能ぶりを感じます。さらに高価なイメージの高い大口径広角ズームレンズの中で約7万円という価格は大きな魅力で、まさにコストパフォーマンスの高いレンズと言えましょう。
室内撮影や風景写真などでどんどん使いたくなるレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Nikon D700 +Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX



Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:154票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |