Select Language
SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用レンズ:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA


Carl Zeiss、世界屈指の光学メーカーであり、SONYαシリーズのハイエンドラインナップに使用されているブランドですが、その差はどれ程のものなのか。今回『Vario-Sonnar T* DT 16-80 mm 』を使用するに当たってはあまり意識していませんでしたが、その仕上がりは驚くべきもの。緻密な描写と濃厚な発色、トーンや画面の立体感はこれだけの高倍率ズームにして驚くほどの高いレベル。若干の周辺減光はあるようですが気になるレベルではなく、金属の冷たい質感も良く表現しています。さすがはZeiss、なのか。他の写真もご覧いただければと思います。



SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F4/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:500 / 使用レンズ:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA

発色のヌケの良さ、ガラス面のトーンの美しさ。隅まで破綻なく、甘くなりもしない素晴らしい性能です。



SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:1000 / 使用レンズ:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA

前ボケ、後ろボケも素直で美しく積極的に使用できるものです。カリッと香ばしいパンの質感と、小麦粉の柔らかさ、香りまでしてくる様です。



SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F9/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用レンズ:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA




SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用レンズ:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA

T*コーティングのおかげか、逆光への強さも特筆ものです。このカットも強烈な西日をまともに捉えていますが、コントラストの低下を微塵も感じさせず、暗部まで明瞭に描写。露出を抑えたために「若干強い日差し」程度にしか感じません。



SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F4/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用レンズ:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA


強烈な日差しと、照らし出されるビル群。初夏の強烈な日差しに強い陰影を刻む都市部の雰囲気を破綻なく捉えてくれました。「Angel's Ladder」とも呼ばれる雲の織り成す微妙な陰影もしっかり描写。ズーム倍率も高く、描写性能も素晴らしい。サイズも他のZeissレンズと比べてコンパクトに収まっており、常用の1本として非常にお勧めできるレンズに仕上がっています!



SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA





SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用レンズ:SONY α77 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA

「さすがはZeiss」でしょう。高倍率のズームレンズではどうしても倍率優先になり、単焦点レンズと比べて描写に甘さや妥協を強いられるケースが少なくありませんが、このレンズはそうした点があまり見つけられない、αシリーズのユーザーの方にはお勧めの非常に優秀なレンズです。旅行などでの任せる1本、もしくは何かの時の1本に、間違いのないチョイスとなるレンズです。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る"





[Category: SONY|掲載日時:2012年04月19日 01:07:42 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!155票


TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

537:毎日持ち歩きたくなる超広角ズーム『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』[2019年09月24日]

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 露出補正:+1 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD TAMRON17-28mm F2.8 DiIII RXD 超広角ズームレンズ『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』は、ズーム全域でF2.8と明るいにもかかわらず、軽量コンパクトに仕上がっています。首から下げて散歩するのも苦になりません。特に街撮りや旅行などで幅広く活躍してくれそうです。SONYのフルサイズ機に対応しているので、...
続きを読む
Canon EOS 90D

536:APS-C一眼レフの完成形『Canon EOS 90D』[2019年09月21日]

焦点距離:50mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS 90D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM CanonEOS 90D ミラーレスカメラが普及し始めた現在、Canonから新しい一眼レフカメラが登場しました。それがAPS-C一眼レフEOS 80Dの後継機として登場したAPS-C一眼レフEOS 90Dです。 EOS 80Dが発売されたのは2016年3月。3年の時を経て誕生したEOS 90Dは格段に進化したカメラとなっています。有効画素数は2420万画素から3250...
続きを読む
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN

535:超広角ズームの理想形『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』[2019年09月16日]

焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:6400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN SIGMAArt 14-24mm F2.8 DG DN 待望のフルサイズミラーレス専用レンズがシグマから発売となりました。フルサイズミラーレス機の魅力を最大限に活かすためには高性能なレンズシステムのラインナップが増えることはとても嬉しいことです。今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』をご紹介いたします。 ミラー...
続きを読む
SONY α7R IV

534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』[2019年09月08日]

焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S

533:Zシリーズ待望の中望遠『Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S』[2019年09月06日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 85mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 85mm F1.8 S ニコンからZシリーズの新レンズ『NIKKOR Z 85mm F1.8 S』が発売されました。ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高いレンズ基準を満たす「S-Line」のレンズです。 これまでに発売されている「35mm F1.8」と「50mm F1.8」はいずれも優秀な写りを披露してくれました。同じF1.8の...
続きを読む