Select Language
FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/75秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R



フジフイルムXマウントのカメラを購入した際の最初の一本に、この35mmを選択した方は割と多いのではないかと思う。
その使いやすい標準的な画角、十分な明るさ、軽量小型な佇まい。様々な要因から選ぶに足るレンズとして多くのフジフイルムユーザーが愛用しているのではないだろうか。

今回は、発売当初と比較してレンズのラインナップが賑やかになったこともあり、多様化するレンズ選びの参考になればとの思いから、標準単焦点の良さを認識すべく試写に訪れた。


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R

やや、ハイキー気味に光を意識した一枚。被写体が持つ立体感をありのままに感じさせてくれる描写力が素晴らしい。


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/170秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-E1+ XF 35mm F1.4 R

この日は風が強く、噴水から流れ落ちる水が空を舞っていた。
非日常的な光景に目を奪われて思わずカメラを向けたが、いつ風が止むとも知らず、このレンズはそんな一瞬をもしっかりと記録してくれる。


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/420秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R


標準レンズとして日頃使い続ける上では、このレンズが持つf1.4という明るさは非常に重宝する。
また、あたかも中判フォーマットで撮影したかの如くボケてくれる一方で、非常にクセがなく落ち着いた写りを見せてくれる。これはフジノンレンズ全般に言えることでもあるが、狙った被写体を純粋に際立たせてくれる素直さはさすがの一言だ。


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/75秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-E1+ XF 35mm F1.4 R


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/220秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-E1+ XF 35mm F1.4 R


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/300秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X-E1+ XF 35mm F1.4 R

無機質な被写体にもこのレンズは無類の強さを発揮する。
様々な素材ごとの異なる質感を、使い手の意のままに切り取ってくれるので、撮影していても気分が高揚し非常に心地よい。
あたかも自らが作り上げたい世界観を、機材がすべて認識してくれているかのようだ。


FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro1+ XF 35mm F1.4 R

このレンズの性能と相まって強い味方となるのが、ボディに搭載された「フィルムシュミレーションモード」の存在だ。
かつて被写体や環境に合わせて、使うフィルムを交換していたように、意図する物語を自らの意思で作り上げることが出来る。
また、カスタムモードでの幾多の項目から階調の微調整を行えば、フィルム現像を自分でこなすように細かく作品の幅を広げていける。
こうしたボディ側の機能が有効活用できるのも、信頼のおけるレンズ性能があるからではないだろうか。



今回試写に出たことで、このレンズの高い性能を再認識することが出来た。
高級感を感じさせる金属の造りと、小型でスマートな外観。適度な質量が持つ者に喜びを与えてくれる。もちろん写りの良さは折り紙付きである。
当初やや気になったAFの精度も、ファームウェアのバージョンアップで改善され、現在では合格点を与えられるところまで高まっていると言っていいだろう。

冒頭私は「ボディを手に入れた際の最初の1本に」と述べたが、実際には「この35mmを使うために」Xシリーズのボディを買う。それだけの価値が見出せるレンズとも言えるかもしれない。
皆様もこのXF 35mm/f1.4で、自分の世界に一つの物語を紡いでみてはいかがだろうか。
ありとあらゆる自己表現に最適なポテンシャルが、このレンズには備わっている。


Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る





[Category: FUJIFILM|掲載日時:2014年05月13日 06:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!206票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む