Select Language
中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95

マップカメラ”Kasyapa”チームに面白いレンズが送られてきました。『SPEEDMASTER 50mm F0.95』と刻印されたレンズはSONY マウントを採用したフルサイズ対応レンズ。
中一光学というあまり聞き慣れないメーカー名に若干の不安を感じつつも、ライカのノクチルックスと同じ50mmF0.95というスペックに魅せられて早速撮影に出掛けてきました。

超高屈折ガラス4枚、高屈折低分散ガラス1枚を含む7群10枚の大口径レンズは、持った瞬間にガラスの重さを感じる720g。
コンパクトなα7Rとの組み合わせでは少々前のめりになるバランスですが、重めのピントリングの感触が良く、ファインダーでじっくりピント合わせをする分にはあまり重さを感じません。
とは言えそのピント合わせが曲者。被写界深度が薄すぎてピントが捉えづらいのです。
幸いカメラ側の拡大アシスト機能のおかげで事なきをえましたが、拡大表示が可能なEVFファインダーのデジタル一眼あってのレンズという印象を受けました。
写りはボケの大きな綺麗な描写です。雨の日の湿度感をしっかり伝えるクリア感も素晴らしいの一言です。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95



中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


少し絞ればシャープ感が高まり質感描写はさらに良くなります。
絞りリングはクイック感の無い無段階式のため、中間絞り設定も自由自在。自分好みのボケ具合いを探すの楽しくなるレンズです。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


ピント面が薄いおかげで、遠景での撮影でもなだらかかな前ボケ効果が得られます。
混雑する場面での撮影では人物に注意を払う必要がありますが、大きなボケがまるでボカシを入れたかのような効果になりました。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


独特なボケ味を意識して少しアンダー気味に撮影すると、どことなくオールドレンズに似た味のある表情を見せてくれました。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:50 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95



中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


F0.95と言えば試したくなるのが暗いシーンでの撮影です。
絞り開放にも関わらず光源ボケがレモン型になったものの、蝋の溶ける様子までしっかり捉えています。
光のグラデーションもとても綺麗です。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


さすがに0.95の開放の撮影では、全体的にピントの甘さを感じ、山門や五重塔の輪郭にもフリンジが見受けられますが、色乗りはしっとりと落ち着いた印象です。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95



中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


約50cmの接写も可能ですので、寄って少し絞ればまた違ったボケ味を楽しむことができました。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95


さすがにライカのノクチルックスと比較するのは酷ですが、10分の1以下の価格でフルサイズ対応のF0.95のレンズが手に入るとは、恐るべきコストパフォーマンスです。
レンズ自体の質感も上々。少し癖のあるボケ味ですが、とろける様なより大きなボケが手軽に楽しめる魅力あるレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff




Kasyapaトップへ戻る"

[Category:etc. |掲載日時:2014年08月12日 10:30:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!216票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む