Select Language
FUJIFILM X100T 絞り:F2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:FUJIFILM X100T

FUJIFILM XF 50-140mm F2.8R LM OIS WR

クラシカルなスタイルの中に最新の技術を搭載した高級コンパクト機『FUJIFILM X100T』のご紹介です。 今回のモデルチェンジで3代目となる本機は大きなデザインの変更は無いものの、ファインダーシステムや1/32000シャッター内蔵、操作系の向上など大きく進化を遂げた機種となっています。心臓部にはX−T1と同じX-Trans CMOS IIセンサーを搭載していますが、専用設計のされた23mmフジノンレンズはフィルムライクな描写で他のXシリーズとは一線を画す表現をしてくれるカメラです。スナップショットに優れた本機を握りしめ早速試写へ向かいました。

FUJIFILM X100T 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


F2の柔らかな表現から絞るにつれて変わっていく描写。開放絞りからシャープなレンズやカメラが多い中、X100Tにカメラらしさを感じてしまうのは私だけでしょうか。 写真を撮るということを改めて意識させてくれるカメラです。


FUJIFILM X100T 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


自然が作り出す光と影の強烈なコントラスト。うっすらではありますがシャドウ部に少しだけ表情を残して撮影をしました。


FUJIFILM X100T 絞り:F8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T

大きく進化を感じたのは光学ファインダーを使用した時。レンジファインダーを使用したことのある方は分かると思いますが、ブライトフレームは距離によって差異が生じ近接時に実際の撮影イメージと大きくズレてしまうことがあります。その点、X100Tのブライトフレームはリアルタイムでパララックス補正をしてくれる優れもの。
そして光学ファインダーを使いながらフォーカスポイントを拡大表示したEVFエリアを右下に表示することも可能です。斬新なアイデアと最新の技術が詰まったファインダーシステムです。


FUJIFILM X100T 絞り:F4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


スナップショットに適したX100T。アナログ操作と光学ファインダーの組み合わせは直感的な操作が可能です。


FUJIFILM X100T 絞り:F2/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:1600 / 使用機材:FUJIFILM X100T


X100Tは高感度撮影でも美しい写真を撮ることができます。ISOのAUTO設定で使用範囲を設定しておけば、被写体にであった時に素早く撮影することができます。


FUJIFILM X100T 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/420秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X100T


X100Tはモノクローム派の方もお勧めしたいカメラです。グレートーンの表現はさすがフィルムメーカーと思わせる本格的なモノクローム写真が可能です。


FUJIFILM X100T 絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T





FUJIFILM X100T 絞り:F11 / シャッタースピード:1/680秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


かなり強い光に向かってでの撮影。逆光特性にも強い印象です。


FUJIFILM X100T 絞り:F4 / シャッタースピード:1/34秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X100T


新しいフィルムシミュレーション「クラシッククローム」。彩度を抑えた表現が被写体に深い味わいを持たせます。
最短撮影距離はマクロモードで10cm。ここまで寄れれば困るシーンは無いと思います。


FUJIFILM X100T 絞り:F2 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X100T


こちらも「クラシッククローム」で撮影。重厚感のある写真表現に向いているモードを感じました。


FUJIFILM X100T


『FUJIFILM X100T』は手になじむという言葉がピッタリ合うカメラでした。主張しすぎない小振りなボディはとても握りやすくて操作も良好、ジャケットのポケットに忍ばせサッと取り出して撮影ができます。唯一気になったのは電源スイッチのクリック感が少し甘い印象で、気づかないうちにONになっていることがありました。
最新技術をぎゅっと詰め込んだ『FUJIFILM X100T』。持っていると写真が撮りたくなる魅力ある1台でした。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

[Category: FUJIFILM|掲載日時:2014年11月20日 11:10:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!189票


FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR

520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』[2019年04月16日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑...
続きを読む
FUJIFILM X-T30

517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』[2019年03月20日]

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R

502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』[2018年11月28日]

絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される昨今、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレス...
続きを読む