Select Language



Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:48mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX & AF-S 85mm F1.8G

ズーム全域で開放F2.8のズームレンズはプロアマ問わず多くの方が愛用する人気シリーズです。中でも標準ズーム域のレンズは特に人気が高く、メーカー各社も技術の粋を集めた高性能な商品を投入してきます。
そんな強豪揃いのレンズ群の中にTokinaから新たなレンズが加わりました。『Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX』は、高画素フルサイズ撮像素子に対応した光学性能を追求したという意欲作です。
カメラの高画素化は止まることを知らずレンズの性能は益々重要になってきます。Tokinaの最新レンズの実力はいかに?さっそくその画をご覧いただきましょう。

大口径レンズらしい大きな柔らかいボケ味が確認できました。一見単焦点レンズのボケ味と見間違うような大きなボケ味は、改めてF2.8ズームの凄さを再認識させてくれます。
梅雨の季節、撮影日も生憎の天気でしたが、フィルター径82mmの大きなレンズは薄暗い中でも周囲の明るさを最大限に取り込んでくれます。透明感の高い描写は被写体の質感を捉え、周辺減光も感じさせません。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:62mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


美しい朱色のほおずき袋が雨でより鮮やかに見える様子が分かります。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


日中では目立たない軒下照明も写真で見ると温かみある色を演出しているのが分かります。光源付近のボケも綺麗で色再現性の高さと合わせ、本レンズのレベルの高さが再確認できました。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


金魚すくいの屋台でも僅かな明暗差を確認することができます。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:24mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/8秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


活躍シーンの多い標準ズームは使い勝手も重要なポイントです。
1kg超えの重量級レンズですが全長を抑えた分しっかりと手のひらに収まるので、バランス良くホールディングでき低速シャッターでも安定した撮影ができました。
AF作動音も静かな上、TokinaならではのAF/MF切り替えクラッチのおかげでスムーズにMFへ移行が可能です。動画撮影にも重宝することでしょう。



Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:24mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX



Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:42mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


萎れかけた紫陽花が雨で瑞々しさを戻しました。大きなボケの中にもしっとりとした様子が伝わります。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:34mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


夏の訪れを告げる市が、連日開催された日。フットワーク軽く歩き回れる標準ズームは本当に便利です。単焦点レンズと遜色の無い写りとなれば文句のつけようもありません。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:60mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


朝顔の蔓に生える細かな産毛もしっかり捉えています。しぼみかけた花びらの薄さといい、高画素のカメラ性能を存分に引き出す素晴らしい質感描写です。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


優れた質感描写は、最短38cmの接写でも大きな恩恵をもたらします。
雨水を弾く蓮の葉の質感、徐々に大きくなる雨水を綺麗に切り撮ることができました。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


カメラの高い解像力とそれに応えるレンズのクリア感が、被写体との距離感を麻痺させます。
トリミング次第では望遠レンズの出番も奪いかねません。


Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

「高画素フルサイズ撮像素子に対応」の言葉に偽りはありませんでした。クッキリとしたコントラストの高い描写の中にも、質感や空気感を伝える柔らかさも感じられる素晴らしい描写力です。高級感ある大口径レンズはフラッグシップ機とのバランスも良く使い勝手も上々でした。
今回はNikon D810での撮影となりましたが、Canon EOS 5Ds/5DsRの発売を待っていたかのような発売タイミングに、さらに高画素でも大丈夫と言うメッセージが込められていると勘ぐってしまうほどの自信作と感じました。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:56票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |