Select Language




LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D

LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D

2倍マクロレンズやアポダイゼーションフィルター内蔵レンズなど、特徴的なレンズをリリースする「LAOWA」からまた面白いレンズが発売されました。
『12mm F2.8 Zero-D』は122°という広い画角を持ちながら歪みをほぼゼロにしたという大口径超広角レンズです。最近ではカメラ側で歪みを補正するレンズも多く、RAWで撮影すると「歪んでた」と、後でガッカリするレンズに出会うことがあります。一方で本レンズは、レンズ情報をカメラへ伝達する術を持たないため、素の力が試されます。早速その実力をご覧いただきましょう。

まずは東京駅丸の内のドーム天井です。8角形の天井から伸びる柱を綺麗な直線で描いてくれました。そして絞り開放からとてもシャープな描写をしているのがお分かり頂けると思います。
有名なこの場所はこの日も多くの方が写真を撮られていました。同じ場所で撮影をされたことがある方は、是非ともご自身の写真と見比べてください。
中国製のレンズは品質が良くないというのは過去の話。今では生産工場を中国におくカメラメーカーも多く、LAOWA製品も品質や描写力で遅れは取りません。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


室内撮影でも重宝する広角レンズ。コントラストが高い描写は窓越しの風景も綺麗に捉えてくれます。適度な重みのピントリングで操作もスムーズ。撮りたい時にサッと撮れる使い勝手の良さもあります。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


屋上からの遠景撮影ではさらにその歪みのなさを体感することができました。向こう正面のビルも綺麗な直線です。カメラの画素数が向上し、トリミングしても十分な画素が得られる昨今、歪みの無い広角レンズは幅広い画角域を持つレンズとして活躍してくれることでしょう。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


本レンズは最短18cmまで寄ることができます。広角レンズでのマクロ撮影は、周囲の様子を残しつつ遠近感ある写真が楽しめる私のお気に入りの撮り方。綺麗なバラの花を見つけたのでギリギリまで寄ってみると、花びらの質感を綺麗に捉えつつ迫力ある写真になりました。周辺のボケも上品でです。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D



LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


低い位置から見上げれば、広角レンズならではのパースが得られ、さらに距離を詰めれば、被写体が飛び出してくるような迫力ある超立体的な写真が楽しめます。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


照明の演出が美しいクラゲ水槽ではレンズ周辺部のパース効果もあって、宇宙生物のようにも見える面白い写真が撮れました。広角レンズは水族館の必需品になりそうです。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


トンネル水槽も大迫力に捉えます。天井からは強い光が差し込んでいましたが、フレア等の発生もなくコントラスト高く捉えているのが分かります。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D



LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D

前玉が少し飛び出した超広角レンズによくある独特なフォルム。10群16枚とガラスがいっぱいに詰まった仕様にも関わらず、重さは約609gと意外と軽量なことに驚きます。 操作性も良く、綺麗な描写も確認できました。そして、カメラ補正無しでの歪みの無い画質。綺麗な直線を見るたびに「このレンズ凄い!」と感じます。 風景、建築などで活躍する超広角レンズですが、角度を付けたり接写することでいろんな演出が試せる楽しさもあります。皆様も是非一度お試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff
















カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:22票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |