Select Language

LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D

LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D

2倍マクロレンズやアポダイゼーションフィルター内蔵レンズなど、特徴的なレンズをリリースする「LAOWA」からまた面白いレンズが発売されました。
『12mm F2.8 Zero-D』は122°という広い画角を持ちながら歪みをほぼゼロにしたという大口径超広角レンズです。最近ではカメラ側で歪みを補正するレンズも多く、RAWで撮影すると「歪んでた」と、後でガッカリするレンズに出会うことがあります。一方で本レンズは、レンズ情報をカメラへ伝達する術を持たないため、素の力が試されます。早速その実力をご覧いただきましょう。

まずは東京駅丸の内のドーム天井です。8角形の天井から伸びる柱を綺麗な直線で描いてくれました。そして絞り開放からとてもシャープな描写をしているのがお分かり頂けると思います。
有名なこの場所はこの日も多くの方が写真を撮られていました。同じ場所で撮影をされたことがある方は、是非ともご自身の写真と見比べてください。
中国製のレンズは品質が良くないというのは過去の話。今では生産工場を中国におくカメラメーカーも多く、LAOWA製品も品質や描写力で遅れは取りません。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


室内撮影でも重宝する広角レンズ。コントラストが高い描写は窓越しの風景も綺麗に捉えてくれます。適度な重みのピントリングで操作もスムーズ。撮りたい時にサッと撮れる使い勝手の良さもあります。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


屋上からの遠景撮影ではさらにその歪みのなさを体感することができました。向こう正面のビルも綺麗な直線です。カメラの画素数が向上し、トリミングしても十分な画素が得られる昨今、歪みの無い広角レンズは幅広い画角域を持つレンズとして活躍してくれることでしょう。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


本レンズは最短18cmまで寄ることができます。広角レンズでのマクロ撮影は、周囲の様子を残しつつ遠近感ある写真が楽しめる私のお気に入りの撮り方。綺麗なバラの花を見つけたのでギリギリまで寄ってみると、花びらの質感を綺麗に捉えつつ迫力ある写真になりました。周辺のボケも上品でです。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D



LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


低い位置から見上げれば、広角レンズならではのパースが得られ、さらに距離を詰めれば、被写体が飛び出してくるような迫力ある超立体的な写真が楽しめます。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


照明の演出が美しいクラゲ水槽ではレンズ周辺部のパース効果もあって、宇宙生物のようにも見える面白い写真が撮れました。広角レンズは水族館の必需品になりそうです。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D


トンネル水槽も大迫力に捉えます。天井からは強い光が差し込んでいましたが、フレア等の発生もなくコントラスト高く捉えているのが分かります。


LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + LAOWA 12mm F2.8 Zero-D



LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D

前玉が少し飛び出した超広角レンズによくある独特なフォルム。10群16枚とガラスがいっぱいに詰まった仕様にも関わらず、重さは約609gと意外と軽量なことに驚きます。 操作性も良く、綺麗な描写も確認できました。そして、カメラ補正無しでの歪みの無い画質。綺麗な直線を見るたびに「このレンズ凄い!」と感じます。 風景、建築などで活躍する超広角レンズですが、角度を付けたり接写することでいろんな演出が試せる楽しさもあります。皆様も是非一度お試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff
















[Category:etc. |掲載日時:2017年06月03日 10:30:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!98票


Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む
LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

510:スナップ撮影も楽しい超広角レンズ『LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D』[2019年01月21日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材: FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D LAOWA9mm F2.8 ZERO-D 小型の超広角レンズや高倍率マクロレンズなど、個性的なラインアップが揃う「LAOWA」のレンズ群。これまでKasyapaでも4本のレンズを紹介し、コストパフォーマンスの高い優れた性能をお伝えしてきました。今回はさ...
続きを読む
null

484:高解像力と低歪曲の両立『Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF』[2018年07月13日]

絞り:F4/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF Tokina FíRIN 20mmF2 FE AF 2017年初めにトキナー初のフルサイズEマウントレンズとして登場した『FiRIN 20mm F2 FE MF』。昔から広角レンズを得意とするトキナー製ということもあり、その描...
続きを読む
LAOWA 7.5mm F2 MFT

480:小さいのにとっても広い『LAOWA 7.5mm F2 MFT』[2018年06月25日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic LUMIX DC-GX7MK3 +LAOWA 7.5mm F2 MFT LAOWA 7.5mm F2 MFT 今回Kasyapaで紹介するレンズは、マイクロフォーサーズ用のマニュアルレンズ『LAOWA 7.5mm F2 MFT』です。 35mm換算で15mm相当の画角をカバーする広角レンズは開放F値2.0の明るさを持ちながら、手のひらに収まるコンパクトさが...
続きを読む