Select Language




SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE

SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


今回Kasyapaでご紹介するのは、7月に発売された『SAMYANG AF 35mm F2.8 FE』です。
本レンズは『AF50mm F1.4 FE』『AF14mm F2.8 FE』に次ぐサムヤンのオートフォーカス対応レンズ第3弾。そして現行のサムヤンレンズラインナップの中でも最軽量を誇るレンズです。

冒頭の写真は多摩川沿いの土手を撮影した1枚。日干しにされた色とりどりのボートたちが土手に生い茂る緑によく映えます。広々とした川沿いを切り取るのに、準広角である35mmはベストな焦点距離。広すぎず狭すぎず、広大な景色を印象的に切り取ってくれました。
左側がすこし歪んでいるようにも見えますが、これは柵がカーブを描いているからであって、実際には周辺の歪みはほぼゼロ。リーズナブルなレンズなので性能面で少し不安を感じていましたが、その心配は必要なかったようです。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


場所を変えて、今度は街中へ。
ガラス越しでピントが迷いがちな被写体であるのにも関わらず、スッと狙ったところにピントが合ってくれました。AF性能は想像以上に優秀。惜しむらくは、AF撮影時にチリチリと若干モーター音がすること。街中では全くと言っていいほど気にならないレベルの音ではありますが、気になる方はMFを併用しても良いかもしれません。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


左右で違う色の壁があったので、モノクロで仕上げてよりコントラストを強調した1枚に仕上げました。シャドウ部のしっとりとした描写が良い感じです。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


本レンズの最短撮影距離は35cm。ぎりぎりまで被写体に寄るとこんなにも大きく美しいボケを味わうことが出来ます。ピント面はしっかりと解像しながらも、どこかやわらかく優しい雰囲気のある写りが印象的ですね。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


今度は前ボケも入れて撮影をしました。手前のボケはもちろん奥のフェンスのボケもうるさくなく、すっきりとメインの被写体である電球を浮き立たせてくれました。
素直な描写をするレンズなので、後からRAW現像で調整がしやすいのも魅力のうちの1つです。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


ここで小休憩。近くにあったカフェへと立ち寄りました。35mmはテーブルフォトにもぴったりの焦点距離です。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F4/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


今回の撮影ではフルサイズセンサー搭載であるα7RIIを使用しましたが、α6500等のAPS-C機と組み合わせた場合は35mm判換算で焦点距離が約52mmとなり、準広角ではなく標準レンズとして撮影を楽しむこともできます。

何しろコンパクトなので、機動力は抜群。いくら軽量なミラーレスとはいえフルサイズ機ともなれば一日中肩からかけていると疲れを感じるものですが、本レンズは全く疲れを感じません。機動力重視のため普段はレンズを何本も持ち歩かない筆者ですが、このレンズならカメラバッグに常に入れておいても苦にならないと思いました。パンケーキレンズとまでは行きませんが、コートやジャケットのポケットにもすっぽりと収まってしまう驚きのサイズ感です。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE




SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


10月に入り、日照時間がじわじわと短くなってきたのを感じます。日中はまだ少し暑さを感じることもありますが、朝晩は涼しく過ごしやすいのが嬉しいですね。このぐらいの気候になるとぐっと写真を撮るのが楽しくなります。

秋の行楽シーズンは国内旅行の需要が高くなるのだそう。確かに、曼珠沙華、紅葉、一面に広がるススキ、イチョウ並木等、少し足を延ばすだけで思わずシャッターを切りたくなるような景色が色々なところに広がっています。秋を収めるための機材選びの時点で既にワクワクしかありませんが、中でも本レンズは旅行のお供にぜひおすすめしたい1本です。荷物のかさばる旅行にとって、小型・軽量な機材はマストといっても過言ではないでしょう。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE




SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE 絞り:F4/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII+ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


トンネルの入り口から撮影をした1枚。長く続く暗いトンネルが、奥の景色を切り取る額縁のように見えてきます。


SAMYANG(サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

重量わずか85.6g。スナップレンズの決定版。



1日を通して『SAMYANG AF 35mm F2.8 FE』を使ってみて、やはりその「軽さ」に圧倒的な魅力を感じました。肩からぶら下げていても全く苦にならず、コンパクトなのでカバンへの出し入れも非常にスムーズです。
レンズフードはフジツボ型。フードなしの場合はフィルター径49mmで、フードありの場合はフィルター径40.5mmです。上の写真はレンズフードを装着した状態ですが、フジツボ型のフードは小さく威圧感が無いのが良いですね。

さて、ここで気になってくるのが同じ焦点距離である『SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA』との差ですが、正直言ってどちらのレンズもとても良く写ります。若干サムヤンの方が周辺の描写が甘い気もしますが、それも拡大してまじまじと見なければそれほど気になりません。開放からしっかりと解像しますし、逆光耐性も非常に高いです。むしろ「この値段で良いの?」と心配になってしまうほど。
また、どちらのレンズもコントラストが高くはっきりとした描写をしていますが、どちらかと言えばサムヤンの方がやわらかく、ソニーの方がこってりとした印象でしょうか。
作りの面ではやはりソニー純正の方が優勢。マウントはどちらも金属製ですが、ソニー純正は外装もアルミニウム素材の金属を採用。対してサムヤンの外装はプラスチックです。ただ、ソニー純正と比べて約35gも軽いので重量の面ではサムヤンに軍配が上がります。

…と、比べるようなことをつらつらと書いてしまいましたが、『SAMYANG AF 35mm F2.8 FE』は非常に優秀なスナップレンズであると感じました。
「これからフルサイズを始めたい」という方に1番におすすめしたいレンズであり、既に何本もレンズを所有している方にもぜひ一度お試しいただきたいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff











マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:82票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |