Select Language




Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F4/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF

Tokina FíRIN 20mmF2 FE AF


2017年初めにトキナー初のフルサイズEマウントレンズとして登場した『FiRIN 20mm F2 FE MF』。昔から広角レンズを得意とするトキナー製ということもあり、その描写力は流石と思ったのを覚えています。このレンズは名前に“MF”と記されている通りマニュアルフォーカスのレンズでしたが、α7系ユーザーからすれば「こういうアプローチもある」と違和感なく受け止めていました。 しかしAFを望む声もおそらく多かったのでしょう、待望のAFレンズとして生まれ変わった新しいFiRINが今年の4月遂に登場しました。今回のKasyapaは『Tokina FiRIN 20mm F2 FE AF』をご紹介いたします。

まずFiRINのMFとAFで何が違うのかということに触れておきましょう。一番重要な写りに関しては、光学設計は共通なので描写性能は同一。ボケ味に影響する絞り羽の枚数も同じ9枚ですが、MFレンズは絞り環があったのに対し、AFレンズはそれがありません。他のAFレンズと同様にカメラ側での操作を前提に作られている仕様です。重量はAFレンズの方が26g軽い464g。フードの形状は角型から花形へと変わりました。大口径広角レンズ特有のレンズ前群が異様に大きいという印象はありませんが、トキナーレンズ全般に言える金属鏡筒のどっしりとした重量感があり、手の平から堅牢性と質の高さを感じ取ることができるレンズです。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF


写りの良さはMFレンズの時から感じていた通り“流石”の一言。中央部の解像力はもちろんのこと、周辺部の像の流れや解像力の低下が非常に少ないのが特長です。このようなフラットな超広角画質はセンサーフォーマットの小さいカメラの方が得意なイメージですが、それをフルサイズミラーレスで実現させてきた事に驚きです。SONY純正やZEISSの後から発売してきただけのことはある、優れた描写性能を持ったレンズだと言えるでしょう。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F11 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF


AFスピードは、スッと無音で合わせるタイプではなく、フォーカスレンズの動きを感じてピントを合わせる印象です。ファストハイブリッドAFにも対応しており、カメラ設定のAF機能にも全て対応しています。また、オートフォーカスでピントを合わせた後の手動でのピントの微調整も可能なのも嬉しいポイントです。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF





Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F2 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF


文句なしに良く写る、FE最高峰の広角単焦点レンズ。



開放F2ということもあり、ボケ味を出しながらも安定感のある描写が魅力の本レンズ。撮影した各写真を見ながら「良く写っているなぁ」と思わず声を漏らしてしまいました。フルサイズに対応した大口径広角単焦点レンズでありながら小型化と高解像力を両立させた『Tokina FiRIN 20mm F2 FE AF』、広角レンズではパンフォーカス気味で撮影をすることが多い私ですが、開放で撮影すれば周りの情景が分かりつつも程よく溶けるボケなので、広角ポートレートにもぴったりのレンズだと感じます。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F2 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF


背景の木漏れ日が玉ボケとなり、写真のいいアクセントになりました。開放で玉ボケを狙ったポートレート撮影なども面白いかもしれません。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF
絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF


少し逆光気味の強い日差しの中で撮影しましたが、高コントラストかつクリアな描写力です。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F2 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF


開放で近接撮影をすると広角レンズとは思えない深いボケ味を楽しめます。しかしながらピントを合わせたサボテンの棘は、鋭さを感じるほどの解像力です。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF





Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF 絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 + Tokina FiRIN 20mmF2 FE AF


植物越しに逆光で撮影した一枚。ここまで強い光を抑えている性能に驚きました。ネガティブな条件でもしっかりと写真が撮れる本レンズの実力は本物だと言えます。


Tokina (トキナー) FiRIN 20mmF2 FE AF

Eマウント単焦点派にベストな選択肢。



『Tokina FiRIN 20mm F2 FE AF』の描写は広角レンズ特有の歪みやクセを感じることが少なく、四隅までキッチリ構図を考えながら作画できることに加え、解像力とボケ味も非常に優秀です。数多い広角レンズの中でもトップクラスの描写性を持つレンズだと感じました。
機材をコンパクトに抑えつつも写りは妥協したくない方、特に単焦点レンズを中心にカメラシステムを組んでいる方におススメしたい1本です。広角単焦点という特性上 万能ではありませんが、距離と絞りを意識することで様々なバリエーションの写真が撮れるレンズです。広角レンズを得意とするトキナーらしい、素晴らしい1本でした。


Photo by MAP CAMERA Staff










マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:48票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |