Select Language




絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材: FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

LAOWA9mm F2.8 ZERO-D

小型の超広角レンズや高倍率マクロレンズなど、個性的なラインアップが揃う「LAOWA」のレンズ群。これまでKasyapaでも4本のレンズを紹介し、コストパフォーマンスの高い優れた性能をお伝えしてきました。今回はさらに魅力的なAPS-Cミラーレス用の超広角レンズ『9mm F2.8 ZERO-D』を紹介いたします。

商品名に「ZERO-D」の記載があるとおり、ディストーションを限りなくゼロに抑えた光学設計を採用。35mm判換算で13.5mm相当の広い画角を持ちながら歪みの影響ない撮影が楽しめます。
若干、4隅に周辺減光が見られますが、隅々までクリアに描写しているのが分かります。広い風景を求め海へ向かったものの生憎の空模様。遠くまで見渡すことは叶いませんでしたが、冬にしては穏やかな波の様子と今にも雨が降り出しそうな空の様子を綺麗に捉えてくれました。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/450秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

マクロレンズの開発にも力が入っているメーカーだからという訳ではないと思いますが、本レンズは近接撮影でも優れた性能を発揮します。最短撮影距離は12cm。広角レンズ特有のパースが、早咲きのチューリップを大迫力で捉えます。花びらのグラデーションはもちろん、雄しべ、雌しべまで細かく描写します。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/420秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

近接から奥行きを持たせれば、単焦点ならではの大きなボケ味も楽しめます。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1900秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1900秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

コンパクトながら10群15枚という贅沢なレンズ構成。堅牢性に優れた金属筐体ながら約215gという軽さは大きな魅力です。
今回はレンジファインダースタイルで根強い人気の「FUJIFILM X-Pro2」に装着して撮影しましたが、ファインダー窓にも干渉せず、とても使いやすい印象を持ちました。スナップ撮影に最適なサイズのレンズは、普段の景色を違った雰囲気で切り取ってくれます。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:200 / 使用機材: FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:250 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

街中で見つけたホログラムのオブジェの中を超広角レンズで覗いてみると、周辺光量減と相まって水の中のような不思議な写真になりました。レンズの特徴をより理解すれば、もっと楽しみ方が広がるレンズだと感じます。

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

2017年に同じ"ディストーションゼロ"の「LAOWA 12mm F2.8」で撮影した東京駅のドーム天井で、もう一度トライしました。広角レンズでの1.5mm差(35mm換算で)は想像より大きく、見比べると若干狭く感じますが、肉眼では見えづらい細かなところまで捉える高い解像力に差はありません。

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

スナップ撮影も楽しい超広角レンズ

超広角レンズながらフィルターが装着できるのも嬉しいポイントです。レンズの保護だけではなく、NDフィルターなどを駆使した動画撮影など幅広いシーンでの活躍が見込めます。 また、本レンズは歪みがなく、中央部ではとてもシャープな描写をしますから、トリミングを前提にした撮影にも適しています。ぜひお試しください。


Photo by MAP CAMERA Staff








マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:27票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 519:いつでも好きな写真が撮れる『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』 2019年03月27日
焦点距離:94mm(換算:188mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 OLYMPUSM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 陽だまりに春の温かさを感じる今日このごろ、散歩も兼ねて桜を撮りに行く方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節に迷うのが機材選び。歩くから機材を軽くしたい、でも広角も望遠も使って色々な被写体を撮りたい。そう...
続きを読む
Panasonic S1R 518:渾身のプロフェッショナルモデル『Panasonic S1R』 2019年03月23日
絞り:F9 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. Panasonic  LUMIX DC-S1R 最初にして最高傑作。ライカ初のM型カメラ『M3』を語るときによく使われる言葉ですが、この撮影で思い浮かんだ言葉がまさにそれでした。今回のKasyapaはパナソニック初のフルサイズミラーレス機『LUMIX DC-S1R』のご紹介です。ミラーレス機の黎明期から業界を牽引してきたパナソニックのLUMIXシリーズ...
続きを読む
FUJIFILM X-T30 517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』 2019年03月20日
焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像処理エンジンを小型軽量ボディに搭載。携帯性に優れ高画質が楽しめるという、なんとも欲張りなモデル。 筆...
続きを読む
RICOH GR III 516:GRの魔力『RICOH GR III』 2019年03月15日
絞り:F14 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 使用機材:RICOH GR III RICOH  GR III デジタル技術の進歩により、カメラの形や存在も大きく変わった現代。その中で変わらないコンセプト、変わらないアイデンティティを貫き通すカメラが存在します。今回のKasyapaは、カメラ好きなら誰しもがその名を知るGRの新モデル『RICOH GR III』のご紹介です。 フィルムカメラ時代より数々のプロカメラマンも愛用してきたGRシリーズ。その存在を...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |