Select Language




絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR

富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。
16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を可能にしています。また筆者はレンジファインダースタイルの「X-Pro2」を愛用しており、全長45.4mmというレンズの大きさがこれにベストマッチ。久しぶりのカメラに似合うレンズの登場に思わず笑みが溢れます。
35mm換算で24mm相当。街中スナップでは気持ち広めの画角ですが、想像以上に寄れることと、静かで素早いAFにより、とても使いやすい印象を受けました。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

歪みがしっかりと抑えられた単焦点レンズは被写体のアウトラインを綺麗に描いてくれます。神社の鮮やかな装飾の再現性も高く、とてもシャープな写りを披露してくれました。撮影するのが楽しくなるレンズです。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/85秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

最短17cmの近接撮影が可能なレンズは、被写体に近づくことで広すぎる画角を適度に抑えてくれます。そしてこの高い解像力です。産毛もしっかり捉え、葉の瑞々しさも忠実に再現。ボケも自然で綺麗です。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/300秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR
絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

私が富士フイルムのカメラを愛用する理由の1つに、多彩な「フィルムシミュレーション」機能があります。中でも超高画質な白黒表現をする"ACROS"モードがお気に入り。このモノクロスタイルに、レンジファインダーボディで、クリック感や適度な重さを感じるレンズのリングでピントや絞りを操作すると、懐かしい気分で撮影が楽しめます。平成が終わろうとしているご時世でも、昭和らしい風景を切り取りたくなってしまいます。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

逆光時でも安定の描写力です。コントラスト高めの描写をするレンズですが、白トビや黒潰れは抑えられています。広い画角が故、太陽など強い光源の扱いが難しいレンズですが、これまでの素直な描写を見る限り、過敏になる必要はなさそうです。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

さらに古い景色を求めて、展示されている古い船の中へ。天井付近に時代を感じさせる電球を見つけたので、カメラを頭上に掲げシャッターを切ってみました。チルト液晶ではないものの軽量レンズのおかげで、構図決めはとてもスムーズに行えました。
暗く長い廊下へのグラデーションを綺麗に再現。周辺光量落ちも感じられません。絞り開放でも四隅まで綺麗に描写するレンズです。

FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR

船のデッキから外を眺めると、白い絵の具を擦ったかのような薄く伸びる雲が出ていました。広角レンズがこれをダイナミックに切り取ってくれます。まさに風景撮影にもうってつけのレンズです。

FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR

カメラを選ばない高性能レンズ

高級感と堅牢性を兼ね備えた金属外装は、上位モデルのボディにもベストマッチ。もちろん、軽量さ重視のX-T2桁シリーズにも最適なレンズです。
使い勝手はもちろん、描写力も高く、買って後悔のないレンズと感じました。スナップ撮影のお供や、普段使いレンズにプラスワンレンズとしておすすめの1本です。


Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: FUJIFILM   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:31票   




≪BEFORE Top Page これ以上新しいレポートはありません。

FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む
FUJIFILM X-T30 517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』 2019年03月20日
焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像処理エンジンを小型軽量ボディに搭載。携帯性に優れ高画質が楽しめるという、なんとも欲張りなモデル。 筆...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製品を...
続きを読む
Xシリーズが次のステージへ『FUJIFILM X-T3』 489:Xシリーズが次のステージへ『FUJIFILM X-T3』 2018年09月20日
焦点距離:55mm(35mm判換算:83mm)/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS【ETERNA】 FUJIFILM X-T3 今回のKasyapaでは、2018年9月20日発売の新製品『FUJIFILM X-T3』をご紹介いたします。 X-T2の発売から早いもので丸2年。後継機の登場を今か今かと待ち望んでいた方も多くいらっしゃることでしょう。 いったいX-T2からどれほどまでの進化を遂げたのか、...
続きを読む
null 467:Xシリーズの最高傑作機『FUJIFILM X-H1』 2018年03月01日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / フィルムシミュレーション:Velvia使用機材:FUJIFILM X-H1 + フジノン XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro FUJIFILM X-H1 クラシカルなデザインとアナログな操作系にこだわったフジフイルムのXシリーズ。色表現や画質に関してはユーザーから絶大な支持を得ているものの、ミラーレス機で多く採用されている“ボディ内手ブレ補正”は今までの機種には搭載...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |