Select Language


絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / フィルムシミュレーション:CLASSIC NEGA / 使用機材:FUJIFILM X100V

FUJIFILMX100V

持つ喜び。自分の手の中に収まるX100Vを眺めると、不思議と幸せな気持ちになります。中でもダイヤル類になんとも惹かれます。何度もダイヤルを持ち上げては回しISO感度を設定すると、自然と笑顔に。カメラ好きなら、こんな瞬間は至福なのではないでしょうか。
もちろん見た目や触り心地だけではなく、その実力も折り紙つきです。広々とした視界をそのままに切り取れる気持ち良さがいいです。開放F値2のおかげで、広角ながら大きなボケを得られます。またサッと取り出してパッと撮れる、まるで身体の一部かのような機動力は特に魅力的です。
撮影の目的は決めず、2011年から9年続く「X100」シリーズの最新作を片手にふらりと出かけてみました。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:160 / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME+内蔵NDフィルター / 使用機材:FUJIFILM X100V

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME / 使用機材:FUJIFILM X100V

建物の形が面白いとふと足を止めます。しかしそれだけでは何か物足りないと思っていたら、中央に立ち止まる人が。バランスが整ったところでシャッターを切りました。F5.6まで絞ったところ、タイルひとつひとつの凸凹まで精細に捉えてくれました。

絞り:F2 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / フィルムシミュレーション:PROVIA / 使用機材:FUJIFILM X100V

歩道橋から道を見下ろしシャッターを切る。緊張感のある1枚に仕上がりました。撮影した際には気付かなかったのですが、フロントガラスや黒い塗装に空の雲が映っています。まるで宇宙から見た地球のようです。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/450秒 / ISO:160 / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME / 使用機材:FUJIFILM X100V

絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:320 / フィルムシミュレーション:PROVIA / 使用機材:FUJIFILM X100V

絞り:F2 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / フィルムシミュレーション:ACROS+Gフィルター / 使用機材:FUJIFILM X100V

路地裏を進んでいくと階段がありました。道が細くなっていくので、前を行く年下の友人がこちらを伺うように黙って振り返ります。そんな一瞬をフィルムシミュレーションの「ACROSS+グリーンフィルター」を使い、モノクロの世界に閉じ込めました。

絞り:F2 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:320 / フィルムシミュレーション:PROVIA / 使用機材:FUJIFILM X100V

車道に面した門から細い道が続いています。右側にある擁壁はしっとりと苔生し、この路地がいかに古いか想像に難くありません。道が曲がり、その先がどうなっているかわからないのも魅力的。雰囲気が伝わるよう、アンダー目に撮影しました。

絞り:F2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600 / フィルムシミュレーション:PROVIA / 使用機材:FUJIFILM X100V

欧風カレーの名店でランチをいただいたあと、デザートに焼きりんごを注文しました。りんごを丸ごとオーブンで焼いて、ホイップとさらに煮リンゴを乗せた一品。フォークでひと切れ取ると、皮の深い赤色が実に染み込んでおりなんとも美味しそう。丸ごと1個は多いかと思いましたが、酸味が効いてさっぱりとしており、ペロリと完食できました。X100Vなら人の多い店内でもさり気なくテーブルフォトに収めることができます。

FUJIFILM X100V

持って満足、撮って至福

まず見た目と触り心地がとてもいいと思いました。それだけで筆者は幸せな気持ちになりましたし、中にはそれが最優先事項だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そして身体の一部となってくれる心地良さが最高でした。35mm単焦点というのも使いやすかったです。常に持ち歩きたくなる、相棒と呼ぶにふさわしいカメラです。ぜひお試しください。



Photo by MAP CAMERA Staff



マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ

[Category: FUJIFILM|掲載日時:2020年03月13日 07:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!37票


Nikon NIKKOR Z 20mm F1.8 S

581:近接から星景まで高い解像力を誇る『Nikon NIKKOR Z 20mm F1.8 S』[2020年03月28日]

焦点距離:20mm(35mm換算30mm相当) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z 20mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 20mm F1.8 S 今回はニコンの『NIKKOR Z 20mm F1.8 S』をご紹介します。近接から星景まで、撮影距離を問わず高い解像力を誇るこの大口径広角単焦点レンズ。風景だけでなくスナップなどにもオールマイティに活躍しそうです。 広い画...
続きを読む
SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS

580:長く愛される定番望遠ズーム『SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS』[2020年03月23日]

焦点距離:210mm(35mm換算315mm相当) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:4000 / 使用機材:SONY α6500 + E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SONYE 55-210mm F4.5-6.3 OSS ソニーの『E 55-210mm F4.5-6.3 OSS』をご紹介します。当レンズはAPS-C、Eマウント対応で、35mm換算では82.5-315mm相当になる望遠ズームレンズです。315mm相当となると大きかったり重かったりしがちですが、...
続きを読む
FUJIFILM フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ

579:とことん小型・軽量な標準ズーム『FUJIFILM フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ』[2020年03月20日]

焦点距離:45mm(35mm換算68mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-A7 + フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ FUJIFILMフジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ 本日はフジフイルムの『フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ』をご紹介します。2年前に発売されて以降、多くの方が愛用し好評を博してきたレンズです。一番の特長は、Xシリーズ用レンズ...
続きを読む
SONY FE 20mm F1.8 G

578:直感的に思い通りの高画質な写真が撮れる『SONY FE 20mm F1.8 G』[2020年03月15日]

絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + FE 20mm F1.8 G SONYFE 20mm F1.8 G 今回はソニーの『FE 20mm F1.8 G』をご紹介します。周辺まで解像感に優れた超広角レンズで、景色が目の前に広がっているかのような描写を得られます。小型軽量で携帯性に優れ、合焦スピードも速いことから、機動力もあります。開放F値が1.8と明るいため、背景をぼかした...
続きを読む
FUJIFILM X100V

577:持って満足、撮って至福『FUJIFILM X100V』[2020年03月13日]

絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / フィルムシミュレーション:CLASSIC NEGA / 使用機材:FUJIFILM X100V FUJIFILMX100V 持つ喜び。自分の手の中に収まるX100Vを眺めると、不思議と幸せな気持ちになります。中でもダイヤル類になんとも惹かれます。何度もダイヤルを持ち上げては回しISO感度を設定すると、自然と笑顔に。カメラ好きなら、こんな瞬間は至福なのではない...
続きを読む