346:『TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD』

2016年04月13日

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

今回ご紹介するのは、タムロンの新SPシリーズに新たに加わった「SP 85mm F1.8 Di VC USD」です。

85mmと言えばポートレート撮影、ということで今回は友人にモデルをお願いして実際にポートレート撮影をしてきたのですが、「人を撮るために誕生しました」とタムロンが謳っている通り、AFの速さ・正確さ、そして柔らかい写りと優しいボケ味。全てがポートレートに最適のレンズでした。特に女性の肌の質感を表現するのが非常に上手で、ポートレートを撮影する方にはぜひ試していただきたい一本となっています。

それでは、実際に撮影した写真をご覧ください。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

リング型超音波モーター「USD」のおかげで、AFは驚くほど静か。ピントもほとんど迷いもなく正確です。

ボディはD750を使用しましたが、重量バランスもとても良く、チルト式モニターも付いているので色々な角度から撮影を楽しむことができます。冒頭の足元の写真もチルト式モニターを活用した例で、地面スレスレのところから思いっきりローアングルで撮影をしました。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

関東はそろそろ桜も見納め。咲いているときも美しいですが、散り際はもっと美しいですよね。この日はあまり風が吹いていなかったので桜吹雪には出会えませんでしたが、85mmは桜吹雪を撮るのにも最適な焦点距離です。広角すぎると桜が目立たないし、望遠すぎると今度は周りの風景が一緒に写せなくなってしまう。その点85mmは程よい遠近感を表現できるので、桜吹雪や雪の撮影をする際にはうってつけです。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

睫毛にピントを合わせました。反射的にシャッターを切ったにも関わらず、しっかりと捉えてくれています。 ポートレート撮影は被写体の一瞬の表情やしぐさを捉えられるかどうかがとても重要です。狙った表情やポーズは時間をかけても撮ることができますが、自然な表情を捉えるにはやはり正確なピント合わせと合焦の速さを兼ね備えたレンズが最適です。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

硬すぎず、柔らかすぎず、とても程よいボケ具合です。女性の柔らかな肌の質感もバッチリ表現してくれていますね。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

この写真はニコンのピクチャーコントロール「フラット」で撮影をしました。低コントラストでまさにフラットな仕上がり。それに加えて女性の肌や桜の花びらのピンク色が強く出てくれるので、これはなかなかポートレート向きな設定かもしれません。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

このレンズに限らず、一般的に85mmはポートレートレンズと呼ばれることが多いです。バストアップでの撮影を35mmや50mmで撮ろうとするとどうしても距離を詰めなければなりません。顔のアップの写真なんかは尚更です。家族や親しい友人なら距離が近くても大丈夫でしょう。ですが、例えばそれが写真に慣れていない人だとしたら?…そう考えると、ほどよい距離を保つことができて、かつ背景をボカして被写体を強調することのできる85mmという焦点距離が必然的にポートレート向きになってくるわけです。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

アカツメクサの花と葉っぱの色のメリハリをつけたかったので、すこし緑をかぶせています。その後、肌の色相を調整して肌だけほんのりピンクに仕上がるようにしました。ピントが合っている部分からアウトフォーカス部分にかけてのなだらかなボケの諧調がたまりませんね。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

公園で出会ったとってもお利口なワンちゃん。最初はおしりを向けていましたが、シャッター音に気付いたのか、くるっとこちらを振り向いてじっとカメラ目線をくれました。85mmはポートレート撮影だけではなく、動物の撮影にも向いています。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200/ 使用機材:Nikon D750 ボディ+TAMRON SP 85mm F1.8 Di VC USD

先立って発売された90mmマクロと同様に、85mmにも手ブレ補正機構が付いています。明るい単焦点レンズに手ブレ補正機構が付くとはまさに鬼に金棒ですね。これは夜のポートレートでも活躍してくれそうです。

TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

『TAMRON (タムロン) SP 85mm F1.8 Di VC USD』いかがでしたでしょうか。

上の写真をご覧いただいても分かる通り、大口径の明るい単焦点レンズの割には見た目は意外とコンパクト。重量は660gとそれなりにはあるはずなのですが、D750のグリップの安定感のおかげでしょうか。重さもそれほど気になりませんでした。

最前面のレンズには撥水性・撥油性に優れた防汚コートが施してあるのでレンズのお手入れもしやすく、また、マウント部分はもちろんのことレンズ各所に簡易防滴構造が備わっている等、様々な撮影シーンに配慮されているのも嬉しいポイントです。

今回はポートレート撮影メインでお送りしましたが、スナップや風景撮影でも活躍すること間違いなしのレンズです。

Photo by MAP CAMERA Staff

マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP