StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
789: 手のひらから広がる世界『FUJIFILM フジノン XF27mm F2.8 R WR』

789: 手のひらから広がる世界『FUJIFILM フジノン XF27mm F2.8 R WR』

2022年08月25日

絞り:F4 / シャッタースピード:1/70秒 / ISO:160 / フィルムシミュレーション:PRO Neg.Std
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

カメラレンズの中には円形で平たいフォルムから「パンケーキレンズ」呼ばれているジャンルがあります。今回ご紹介するのもその1本。小型軽量にすぐれたXFレンズの中でもひときわ薄く、わずか84gという『フジノン XF27mm F2.8 R WR』。実際に手にしてみると想像以上に薄く、ポケットにサッとしまいたくなる佇まいです。

前に『フジノン XF27mm F2.8』というレンズがありましたが、本レンズはその2世代目。絞りリングが新たに追加され、防塵防滴仕様にブラッシュアップされています。今回は『FUJIFILM X-Pro3』と組み合わせて撮影をしたので、写真をご覧ください。

 

絞り:F2.8/シャッタースピード:1/60秒/ISO:500/フィルムシミュレーション:クラシックネガ
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

FUJIFILM には様々なフィルムシミュレーションがありますが、古本やレトロなものを見つけると、ついクラシックネガを選択してしまいます。彩度を程よく抑えてコントラストが高めなクラシックネガは、ノスタルジックな被写体にぴったりです。

 

絞り:F4/シャッタースピード:1/210秒/ISO:160/フィルムシミュレーション:ASTIA
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

 

絞り:F4/シャッタースピード:1/340秒/ISO:160/フィルムシミュレーション:Velvia
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

この日は天気が良く、植物が太陽に照らされて生き生きとしていました。とても暑い日でしたが、都会のオアシスのようなこの場所にはたくさんの人が。木陰で一休みして、グリーンを見るだけでリフレッシュになります。

 

絞り:F5.6/シャッタースピード:1/220秒/ISO:160/フィルムシミュレーション:クラシックネガ
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

 

絞り:F4/シャッタースピード:1/60秒/ISO:200/フィルムシミュレーション:ACROS
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

シンメトリーで美しい窓際に光が降り注いでいました。こんな時にはACROSで光を綺麗に写真に収めます。デジタルでもグレートーンが美しく表現できるのは長年フィルムを作り続けてきたフジフイルムの経験と、この『フジノン XF27mm F2.8 R WR』があってのこと。コンパクトな見た目とは裏腹に隅々まで光を捉えてくれるレンズです。

 

絞り:F2.8/シャッタースピード:1/60秒/ISO:250/フィルムシミュレーション:クラシックネガ
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

 

絞り:F4/シャッタースピード:1/40秒/ISO:3200/フィルムシミュレーション:ACROS
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

立ち寄った洋館は人もまばらで、ゆっくりと見て回ることができました。普段はじっくりと見れないところも今日はしっかりと見て堪能しました。

 

絞り:F4/シャッタースピード:1/60秒/ISO:1250/フィルムシミュレーション:クラシックネガ
使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF27mm F2.8 R WR

 

秋になるとたくさんの人が押し寄せる銀杏並木も、今の時期なら独占状態です。前を歩く家族を見ていたら、背の順で並んでいることに気が付いて、なんだかほほえましい気持ちになりました。

 

 

手のひらから広がる世界

『フジノン XF27mm F2.8 R WR』で特筆すべきなのは、なにより薄さと軽さ。どんなシチュエーションでも気軽に持ち出すことができ、35mm判換算で41mm相当となる画角も被写体を選ばず撮影することができます。私の経験上ですが、大きく重いレンズは持ち出す回数が段々と減ってきてしまうので、この薄さと軽さは大きなアドバンテージです。手のひらサイズのパンケーキレンズですが、寄っても引いても綺麗な描写をしてくれます。

常に鞄に忍ばせておきたい、日常の中にあるシャッターチャンスを逃すことのない、そんなレンズです。

 

Photo by MAP CAMERA Staff

 


新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント先下15up新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP