LEICA M-E | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA M-E + Summarit 90mm/f2.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Summarit 90mm/f2.5



2012年のPhotokinaで発表されたLEICA新製品はどれもサプライズの多いラインナップでしたが、その中でも新しいM型ボディとして登場した"LEICA M"、そして"LEICA M-E"の2機種は最も注目された2台でしょう。(Photokina2012 Reportはこちらから>>)CMOSセンサーを搭載し、ライブビュー撮影と動画撮影まで可能になり、高機能化した"LEICA M"。そしてそれを補完する様に、圧倒的にシンプル。M型ライカのコンセプトである「撮影に必要なエッセンス」を凝縮したモデルとして発表されたのがこの"LEICA M-E"でした。

一足早く発売された『LEICA M-E』、基本的な機能はM9に準じたもので操作等も圧倒的にシンプルです。もちろん、センサーもM9同様ローパスレスのCCDを搭載し、その描写に不安は無いもの。良いレンズ、そしてその描写をしっかり受け取る良いボディです。




LEICA M-E + APO-Telyt 135mm/f3.4 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + APO-Telyt 135mm/f3.4









オールドレンズとの相性も良いですね。IIICグレーのバルナック・ライカと似た色合いで、Lマウントのエルマー等とも相性はバッチリです。発表当初は"アンスラサイト・グレーペイント"と呼ばれるその色合いにも注目が集まりましたが、シルバーレンズもブラックのレンズも、想像以上にしっくり落ち着く色合いです。インディゴ染めの使い込んだジーンズ生地、荒めのツイードのジャケット等に、実に似合いそうだなぁ…というのは、これは勝手な印象です。

一眼レフと比べて圧倒的に小型軽量、旅行等にも最適のM型ライカですから、こうした軽快で小粋なカラーリングも実に似合うものです。



LEICA M-E + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

今でも、M8の独特な描写に使い続けているファンの方々が居ます。『LEICA M』の描写にも大いに期待する所ですが、フルサイズ&ローパスレスCCDというM9からM-Eの描写もこれはその個性。シンプルさだけではない、描写で鑑みた時に、『LEICA M-E』は積極的な選択肢の1つであり続けます。




LEICA M-E + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.








絞りリングも、シャッタースピードダイアルも、そのまま操作が可能です。後はISO感度の変更のみ。まさに直感的と言える操作系で、"エッセンスを凝縮した"というのも大いに頷けます。後は、目の前に広がる光景に思いを馳せれば良いのです。



LEICA M-E + Summarit 90mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Summarit 90mm/f2.5






LEICA M-E + Summilux 50mm/f1.4 ASPH. 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

一眼系デジタルでの撮影の後にM型ボディを持つと、その軽快さに嬉しくなってしまいます。数本のレンズとボディ1台、それで小さめのショルダーに収まってしまうのですから、散歩や旅行にこれ以上の相棒は居ないでしょう。




LEICA M-E +  Summarit 90mm/f2.5 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Summarit 90mm/f2.5








シックな背景には、シックに決まる。撮影していても日向の明るい場所と、少し暗めのカフェなどでは随分印象の異なるカラーリングです。M9から取り外されたのはUSBコネクタとフレームセレクタレバーの2点となりますが、筆者もM9を使用していてこの2カ所を使用した事はほぼ無し。価格的にもかなりバリューなプライスとなっているので、実用派には嬉しいモデルの誕生と言えるのではないでしょうか。『LEICA M-E』Mシリーズの哲学を継承する、新しい1台の登場です。



Photo by MAP CAMERA Staff


ライカM-Eのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る






[Category: Leica M|掲載日時:2013年02月17日 10時30分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる