Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM

Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM

フォクトレンダーより新たなヴィンテージラインレンズの登場です。『ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』、ヴィンテージライン・ノクトンと同じコンセプトで作られた、美しい鏡胴デザインのレンズです。過去にLマウントで発売をしていた『ULTRON 35mm F1.7 Aspherical』の光学設計をリファインし、6群8枚から7群9枚の最新設計に変わっています。Lマウントのウルトロンもシャープな描写だったと記憶していますが、『ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』を使用してみて驚きました。絞り開放からフォーカス部はキレ味という言葉が似合うほどシャープな描写を見せてくれます。
初代の設計より65年の歳月が経った今に甦るウルトロン。ライカともツァイスとも違う、その独特の魅力を感じていただけたらと思います。

Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM


路上に同じ車種のロードバイクがシンメトリーに並んで停められていました。この写真もF1.7という明るさを持ちながら、全く隙を感じさせない描写力です。私のウルトロンのイメージはイカレックス用の50mmF1.8の印象が強く残っていて、絞っても被写界深度が浅くボケが強い描写が特徴のレンズでしたが、『ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』は最新設計の35mmということもあり、旧西ドイツ製ウルトロンとは違ったキャラクターのレンズです。


Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM


近年のミラーレス機の普及に合わせてでしょう、本レンズの最短撮影距離は0.5mになっています。レンジファインダー機だと0.7mからしか距離計が連動しませんから、この写真の時はライブビューを使用して撮影をしました。ジワリとすこし滲むようなボケ味はシャープなピント面と相まって独特の世界観を生み出してくれます。


Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM


Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM

ウルトロンの語源は『ウルトラ=極限』という意味から名付けられたと言われています。元は戦後1950年にシュナイダー・クセノンの設計も手がけたトロニエ博士により生み出されました。トロニエ博士はレンズ収差を良しとしなかった時代にあえて収差の出るレンズを設計するなど、独特の設計思想を持ち合わせていた方で、フォクトレンダーではウルトロンの他にノクトン、カラー・スコパー、カラー・ヘリア、アポ・ランターなど高性能かつ独創的なレンズの設計を手がけています。
そして現代に甦った今回の『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』。その設計思想は踏襲しながらも、高画素・高解像化が進むデジタルカメラに合わせ、“極限”の名に恥じない描写性能のレンズに生まれ変わりました。


Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM





Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM


本レンズの描写は“シャープでキレイな”だけではなく、被写体を前に押し出すような独特の立体感のある写り味に感じます。それは極めて高い解像力を持ったフォーカス部と少しクセを感じる濃いボケ味の描写の差、そこにコントラストの高いこってりとした色合いが重なることで、写真に力強い印象を与えてくれます。


Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM





Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM





Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM


金属表現もいいですね、実に立体感のある描写です。重厚な扉の重さ、ひやりとした金属の質感が伝わってきそうな一枚です。


Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM


ビルの隙間から夕暮れの空を見上げてでの一枚。印象的な空の青色とF2.8ながら息を飲むような細密な描写力です。


Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM


『ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』はクラシカルな外観を持ちながら非常にシャープで力強い描写のレンズでした。今回の試写ではシルバークロームのレンズを使用したのですが、レンズの質感が非常にいいですね。物の厚みと言ったらいいでしょうか、真鍮製の鏡胴が何とも言えぬリッチな質量を生み出し、手に取ると『良い道具』という感じがひしひしと伝わってきます。ヘリコイドは多くのマニュアルレンズを作ってきたコシナならではの絶妙なトルク感で、ピント合わせがとても気持ちよく行えました。
各メーカーの個性が色濃く出るライカMマウントレンズですが、この『ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』も他とは違う独特の魅力を感じる一本です。このレンズでしか写せない世界をあなたの手で表現してみてください。


Photo by MAP CAMERA Staff











レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




[Category: VM / ZM Lens|掲載日時:2015年08月27日 19時55分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む