LEICA M8 | Kasyapa for Leica 
Select Language


ショッピングはこちら


1954年、究極の小型カメラ「M3」の衝撃的な発表以来、35mm判レンジファインダーカメラの王道を歩み続けてきた、ライカMシリーズ。そのMシリーズ直系の最新機種として、デジタルカメラ「M8」は発表されました。外観は、背面に表示用液晶が埋め込まれている分、厚みが増してはいますが、基本的なスタイリングはMシリーズそのもの。その上、使い込むほどに高級機の質感を醸し出す、軍艦部と底部は真鍮削り出しとなっています。
Leica M8



デジタルカメラで、その性能を最も左右するのが撮像素子。M8では、撮像素子が一般的なレンズ交換式デジカメで使用されているAPSサイズよりも一回り大きな27x18mmとなっています。これにより、焦点距離35mmレンズは35mm判換算で約46mm相当、28mmレンズが約37mm相当、21mmレンズが約28mm相当となり、焦点距離が1ステップづつ短いものを使うとちょうど良いような感覚で利用できます。撮像素子には、隅々まで光を行き届かせるため、オンチップマイクロレンズを搭載。撮像素子周辺の露光不足をユニークな方法で解決しています。




Mシリーズ伝統の「布幕横走り」だったシャッター機構も、ついにM8のデジタル化に伴い「金属縦走りシャッター」になりました。最高速は1/8000、シンクロスピードも1/250と従来のMシリーズから大幅に高速化されています。いままでシャッタースピードの関係で、絞って使わざるを得なかったレンズも開放から使用することができ、デジタル要素以外でも新たな表現の可能性が広がります。




レンジファインダーは、従来のMシリーズと同様、高精度な機構となっており、距離にしたがい自動パララックス補正されます。撮像素子が35mm判フィルムよりも小さいため、ファインダー倍率は0.68倍。135mmのフレーム枠が廃止された代わりに24mmのフレーム枠が追加されましたが、装着したレンズにあわせて視野枠が表示される機構は従来通りです。

Leica M8のショッピングはこちら
主な仕様

総画素数:
 1030万画素
レンズマウント:
 ライカMマウント
液晶サイズ:
 2.5型
メディア:
 SDカード(~4GB)
電源:
 充電式リチウムイオンバッテリー
 標準電圧3.7V 最大出力1900mAh
外形寸法:
 約W138.6 x H36.9 x D80.2mm
重量:
 約545g(バッテリーを除く)
付属品:
 キャリングストラップ
  カメラボディキャップ
 リチウムイオンバッテリー
 バッテリーチャージャー
  3種アダプター
  カーケーブル付き
 USB接続ケーブル
 ソフトウェア
  Capture One LE
   LEICA DIGITAL CAPTURE

詳細な仕様はこちら

 
新レンズも同時に発表

LEICA TRI-ELMAR-M
16-18-21 mm f/4 ASPH.

近年流行の超広角レンズ。この新しいトリエルマーの最広角16mmは、ライカMレンズでは初。歪みもほとんど感じることはないため、建築写真でも使用することが可能となっています。デジタルM8においては、35mm判換算で21-24-28mm相当となり、一般的な広角レンズ3本分の画角をカバーします。

ショッピングはこちら

LEICA ELMARIT-M
28 mm f/2.8 ASPH.

新エルマリート28mmには、非球面レンズが採用され、M型レンズで最小のレンズに生まれ変われました。デジタルM8装着時は35mm判換算で37mm相当となり、準標準的な画角となります。

ショッピングはこちら


LEICA M8 基本スペック
形式 コンパクトデジタル・ビューファインダーカメラ。マイクロプロフェッサー制御式メタルブレードフォーカルプレーンシャッター
撮影素子 1030万画素 18×27mm焦点距離1.33倍 アスペクト比3:2。モアレフィルター無し、ソフトモアレによる解消、レンズ解像力をフル活用。
感度 160-2500のマニュアル設定
記録方式

DNG/2段階のJPEG圧縮 3916×2630(1035万画素)/2952×1972(580万画素)/1968×1315(260万画素)/1312×876(115万画素)

DNGファイル情報 16ビットカラー深度、撮影10.2MBのファイルサイズ
記録媒体 SDカード(4GBまで)
ホワイトバランス オート/プリセット(6種類)/マニュアル/2000Kから13,100Kまでの色温度設定
ビューファインダー

ファインダー:自動パララックス補正付きブライトフレーム・ビューファインダ-.。アイピース: -0.5ディオプタに設定。フレーム: ブラトフレームは2フレーム1組表示。24mmと35mm、28mmと90mm、50mmと75mmレンズを 装着するとフレーム自動表示。フレームセレクター : ブライトフレームの各組を手動設定可能。パララックス補正 :  ビューファインダーとレンズの水平と垂直の差異は、自動補正される。つまりレンズ位置によりブライトフレームが自動に適応する。ファインダー倍率 :0.68倍。ファインダー基線長 : ビューファインダー中央にある二重画像合致式。有効基線長47.1mm(基線長69.25mm×ファイ ンダー倍率0.68倍) 

ファインダー表示 ビューファインダー下部 フラッシュの状態のLED表示、以下の状況確認のための4桁・7セグメントのデジタルドットディスプレー(明るさ自動補正):絞り優先AE時の自動設定シャッタースピード、AEロック使用時、露出補正設定時、絞り優先AEモード使用時に測光範囲に満たない/超えている場合、1秒以上の露光時のカウントダウン、SDカードに残量がない場合。
適正露出を得るためのLED表示(三角形2種、円1種)
+1、+1/2、適正露出、-1/2、-1の露出表示
三角形のLED:適正露出のためにシャッタースピードダイヤルや絞りリングをどちら向きに回すかを示す。
LEDが点滅している場合:光の状況が測光範囲外。
液晶モニター 2.5型約23万画素LCD、明るさ5段階調節付き
再生機能 画質、RGB、ヒストグラムによる露出補正(拡大表示、オーバー、サチュレーションのハイライトを含む。画像パラメータ設定表示、装着レンズの焦点距離表示(6ビットコード付きレンズ装着時)
画像表示サイズ

4コマ/9コマ/フルサイズ/100%までの4段階拡大

測光方式 TTL開放16分割測光、中央重点測光、スポット測光、測光範囲EV0~21(ISO100・50mmF1.4)
露出モード 絞り優先AEモード、マニュアルモード
露出補正 ±3EV(1/2EVステップ)、±2EV(1/3EVステップ)、AEロックあり
シャッター

電子制御式縦走りメタルブレードフォーカルプレーンシャッター、オート:1/8000秒~32秒、マニュアル:1/4000秒~4秒、バルブ。
ボタンは押すレベルによって3段階:①カメラ電子回路と露出計ON、②絞り優先モードでのAEロック、③シャッターレリーズ、標準ケーブルレリーズ用ねじ付き

ドライブモード S:シングル撮影。シャターを押すたびに1回レリーズ。C:秒間2コマ最大10枚までの連続撮影。セルフタイマー2秒/12秒

6ビット機能

システムに内存する口径食を修正。デジタルデータの保存を簡略化するためレンズ情報は画像ファイルに付加。専用フラッシュユニット装着時のモーター制御式リフレクター補正。絞り優先AEモードのオート・スローシンクロにも有効
カラーマネジメント

Adobe RGB, sRGB, ECIRGB

フラッシュ

シンクロ速度:1/250までとBが設定可能、オートシンクロ(6ビットコード付きレンズ)対応

レンズマウント 6ビットコード認識用センサー付きライカMバヨネット
レンズシステム 16-90mmの現行6ビットコード付きライカMレンズ。1954年以降に製造された16-90mmのライカMレンズはほぼすべて使用可能。ほとんどのレンズは6ビットコード付きに改造可能。
電源 専用リチウムイオン充電池
入出力ポート USB/ビデオ端子、外部電源端子、外部レリーズ端子
外部インターフェース 5ピンミニUSB2.0(ハイスピード)インターフェース
素材 マグネシウム合金、黒の合成革張り。トップカバーと底蓋は削り出しの真鍮製でブラッククローム又は、シルバークローム仕上げ。
大きさ

138.6(W)×36.9mm(D)×80.2mm(H)(突起部を除く)

質量(重さ)

545g(本体のみ)

製品価格 定価 693,000円(税込み)
Leica M8のショッピングはこちら


レンズカテゴリートップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る

カテゴリー:Leica M  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]