StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

ドイツ・ライカ本社によるオーバーホールの現場レポート Part.3

2021年02月20日

LEICA Boutique MapCamera Shinjukuは2月20日をもちまして、8周年を迎えることができました。
これもひとえに日頃ご利用くださるお客様のおかげと、スタッフ一同感謝の念に堪えません。

これからもお客様に楽しんでいただくべく、邁進してまいりますので、末永くご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

本日は、8周年を記念したイベントとして、ライカM3をはじめとする往年のフィルムのM型ライカを、
ライカカメラ ドイツ本国でオーバーホールを行った際の作業風景と、インタビューをご紹介してきました。

Part.1:写真とともに作業風景。
Part.2:担当した技術者のインタビュー
Part.3:オーバーホール品のBefore・After

今回は、実際に作業風景を見てきたライカM2-Rのオーバーホールされる前と後を見比べていきたいと思います。

 

正面:Before

 
正面:After

一見違いがないように見えますが、ファインダーがすっきりした印象があります。

 

裏面:Before

 
裏面:After

ここで注目していただきたいのはファインダーの接眼部
光を当てると虹色になるほど劣化していたガラスを交換し、文字通り新品の透明感です。
そして裏蓋左右をご覧ください。裏蓋を開く際にボディが傷つくことを防ぎ、ストッパーの役割も果たす「裏蓋プロテクター」が補充されました。
目立たないパーツですが、付いてると安心感があります。

 

裏蓋:Before

 
裏蓋:After

汚れが目立ったシャッター幕も交換されました。
これから永く使う為にも交換されていると安心です。
シャッター幕に穴が空いてしまっては、折角の写真も台無しです。

 

ファインダーアイピース:Before

 
ファインダーアイピース:After

続いて交換したファインダーアイピースを比較

見るからにクリアなのが伝わるかと思います。

 

ファインダー正面:Before

 

ファインダー正面:After

こちらもオーバーホール済みで透明感にあふれています。

 

そして写真を撮ってから気付きましたが、マウント部0時の位置にあるネジにLeicaの頭文字であるLのマークの封印が施されていました。

 

今回ご紹介したライカM2-Rを含めライカカメラAGにてオーバーホールされたカメラは2年間のメーカー修理保証をお付けして販売いたします。(保証書の日付より2年間有効)

 

そしてオーバーホールされた個体には特製化粧箱と特製ポーチも付属。
化粧箱は往年のライカを思わせる赤い箱に、ライカブティックのロゴが箔押しがされた懐かしさと豪華さのある仕上げです。

 

また、ポーチは高級感がありつつも、カメラにも地球にも優しいフェイクスエードを使用。
化粧箱と同様に赤を基調に仕上げ、上品で落ち着いた印象になっています。

いつまでもお客様の大切なパートナーとしてあり続けてほしい、そんな思いを込めて用意させていただきました。

そんな大切なパートナー選びの一助となれますようスタッフ一同精進してまいります。
これからもLEICA Boutique MapCamera Shinjukuをよろしくお願い申し上げます。

 

ライカカメラAGにてOH済みの商品はこちら

 

Part1、Part2も是非ご覧ください。

 

+7

RECOMMEND

PAGE TOP