Select Language



FUJIFILM GFX インタビュー【Part 5】

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年05月11日 20時34分]


FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

Xシリーズって、レンジファインダーのX-Pro2であったり、一眼モデルのX-T2だったり、また、その弟分といえばいいですかね、X-T20など、撮影スタイルと価格に応じてラインナップが選べると思うのですが、今回発売した『GFX』のGマウント機というのは、今後ラインナップが広がっていく可能性があるのかお聞きしたいのですが。
ズバリありますでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

ええ、将来的に可能性はゼロではないと思いますよ。
「Xシリーズ」がそうであるように、本来カメラのボディ形態や操作性、性能は被写体や撮影用途によって最適化されるべきだと考えていますから。

ただ、今は全く白紙の状態です。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

フジフイルムがデジタル中判カメラを出されたことで、ペンタックスさんのカメラも含め、趣味としてのデジタル中判カメラのニーズも高まってくるだろうと思います。販売店としてもそうですが、一人のカメラ好きとしても今後の展開を非常に楽しみにしています。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

そうですね、今後にもご期待していただけたらと思います。

フィルム時代の中判カメラには、一眼レフがあって、レンジファインダーがあって、二眼レフがあって、さらに真四角(6x6)や645などフォーマット自体も種類がありました。それが中判の魅力の一つだと思っています。

『GFX』でマルチアスペクト機能にこだわったのも、そういった経緯があります。シノゴ(4×5)、ロクナナ(6×7)、ロクハチ(6×8)、24: 65というフルパノラマフォーマットとか、ありとあらゆるフォーマットを全部入れているんですよね、そういったことやっていけるのも中判カメラだからこそと思っています。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

『GFX』が発売されて間もないのに、こういった質問も変かもしれませんが、カラーバリエーションであったり、限定の、例えばペンタックスさんで漆塗りモデルのような特別モデルであったり、または博物館向けの赤外線モデルなど、『GFX』からの派生というのは考えているのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

うーん、例えば『GFX』でグラファイトシルバーが欲しいという方は少ない気がしますけどね。このボディであの色だと相当派手になると思いますし(笑)

限定モデルの場合、コスメティックな限定と、機能を何かしら変えた限定とがあると思います。Xシリーズは結構趣味的なところも追求しているんですけど、このカメラ(GFX)はその観点からは最も遠いかな、と思うんですよ。いわゆる撮影趣味ではなく、カメラ趣味として『GFX』を購入する人が果たしてどの程度いるのか?ということですね。『GFX』は使ってこそのカメラ、道具として使い倒してこそ価値のあるカメラだと思っています。

付け加えるなら、T(X-Tシリーズ)のラインもそういうものだと我々は思っているんです。なので、アクセサリーなどで「もっと使いやすい何か」を派生して作っていくというのはあると思います。あとはレンズですよね。どんなレンズが欲しいかは、どんどんユーザーさんから何かしら情報をあげて欲しいですね。我々もそのニーズに応えたいので。



 
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

新たに23mmと110mmも発表されましたが、現在のレンズロードマップで注目度が高いのは35mm判換算で35mm相当の単焦点レンズでしょうか。風景はもちろん、スナップのような撮影でも使いやすい画角だと思いますから。とは言え、『GFX』ではスナップには大きすぎますよね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

一般的にはそうですね。

でも、以前レンジファインダーの中判デジタル機を作ってくれって言うプロカメラマンに「何を撮るために?」と聞いたら、「当然スナップを撮るためだ」と言うんです。

私としては、スナップはカメラが目立っちゃダメなんじゃないか?と思っていたので、「こんな大きなカメラでスナップしていたら、私、写真家です。ここに居ますよ〜って看板背負っているのと一緒じゃないか?」と言ったら、「いやいや、それでも欲しいんだ」みたいな(笑)。

で、実際に発売してみたらスナップやルポルタージュに使っている写真家も結構いらっしゃって…。なので、確かに35mm相当のレンズ(GF45mm)は期待されています。

あと、レンズに関して今一番質問が多いのは望遠レンズですね。もう少し長いのが欲しいと言われます。最初のロードマップだと最長でも120mm。35mm判換算だと約95mmくらいなのでまだ少し短いんです。そこで、新たに望遠単焦点レンズとテレコンバーターのロードマップを先日発表しました。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

最後に、『GFX』を購入された方、購入をご検討されている方に向けてメッセージをいただけますか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

『GFX』は中判カメラの緻密な描写を必要とするジャンルの撮影や、中判カメラを使いたいと思う写真家にとっては、期待を裏切らないカメラだと思います。

私は、「作品を撮る」ということはプロでもアマチュアでも、最終目標が高ければ高いほどすごくパワーがいることだと思うんですよ。撮影技術や知識を取得し、最適な機材を揃え、二度とないかもしれないシャッターチャンスを確実に自分のものにするために努力をするわけですから。

『GFX』はそういった努力を厭わず、高い精神性を持って作品を撮りたいと思っている方に是非使っていただきたいですね。デバイスに頼り過ぎず、結果をカメラのせいにしない(笑)そして、SNSを通じて広く浅く写真を観てもらうよりも、写真展や写真集でしっかり自分の写真を観て欲しいと思っている、そんな人に使ってもらえたら『GFX』の商品企画者として嬉しいですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

本日はどうもありがとうございました。

発売開始からおよそ2か月半経ちましたが、フィールドでは新緑の季節を迎えたこれからが『GFX 50S』の実力を発揮できるのではないかと思います。マップカメラでは今後も新商品の情報をブログやフォトプレビューサイト「Kasyapa」でお伝えしていきますのでご期待ください。



    
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5


FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3




[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年05月11日 20時34分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
Canon EOS M5 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]