StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

665:『FUJIFILM フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR』

2021年03月08日

焦点距離:70mm(35mm換算107mm相当) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2700秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

『FUJIFILM フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR』は焦点距離70mm-300mm(35mm換算107mm-457mm相当)という中望遠から超望遠までの広い範囲を網羅するレンズです。それでいて長さ132.5mm、重さ580gと小型軽量を実現しています。132.5mmという長さについてメーカーは「パスポートほどの長さ」と表現していますが、個人的には「スマホより短い」という比較もわかりやすいのではないかと思いました。例えば『iPhone 12 Pro』の長さは146.7mmですから、当レンズより14.2mm長いです。35mm換算457mm相当のレンズがスマホより短い長さに収まっているのは、使い勝手の良さを想像するに容易いです。最短撮影距離は全域で830mmとなっておりハーフマクロ撮影も可能です。高いAF性能と5.5段分の強力な手ブレ補正機能により、動きモノを始めとする様々な被写体を捉え、高い解像性能となめらかなボケ味で表現することができます。そんな当レンズを『FUJIFILM X-T4』に装着して撮影してきました。

 

焦点距離:300mm(35mm換算457mm相当) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1100秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

海に近い駅の改札を出ると、空の高いところでトビが旋回していました。さっそくレンズを空に向けて撮影します。トビまで距離がありましたが、35mm換算457mmの超望遠で大きく写すことができました。

 

焦点距離:70mm(35mm換算107mm相当) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

砂浜の波打ち際に行きます。ピンク色の美しい貝を見つけたので、波が来るタイミングに合わせてシャッターを切りました。ハーフマクロで貝の表面にある成長線まで精細に写り、まるで貝が目の前にあるかのようです。

 

焦点距離:137mm(35mm換算206mm相当) / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/950秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

 

焦点距離:70mm(35mm換算107mm相当) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1400秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

ウキひとつにつき1羽の鳥が乗っていました。ウキも鳥もどちらも余っておらず、誂えたかのようにぴったりの数なのです。周囲を確認しましたが、あぶれてしまった鳥は見当たりませんでした。面白い光景です。

 

焦点距離:300mm(35mm換算457mm相当) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

海に寝そべる人がいました。もちろん下にサーフボードがあるのですが波の具合でうまく隠れ、海面に直接腹ばいになっているように見えました。シルエットですがウエットスーツのテカリの描写があるのも不思議な感じがする一枚です。

 

焦点距離:300mm(35mm換算457mm相当) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

このあたりは夜になるとイルミネーションが綺麗です。夜を待っている電球の結露に夕陽が反射しているのを撮りました。

 

焦点距離:300mm(35mm換算457mm相当) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/450秒 / ISO:320 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

密集する黄色いチューリップ。花びらの細かいシワや端がカールしている様子まで細かく描写されています。クレープ紙という細かいシワ加工がなされた手芸用の美しい紙で子どもの頃よく遊びましたが、まるでそのクレープ紙で作った作品のようです。

 

焦点距離:300mm(35mm換算457mm相当) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/420秒 / ISO:3200 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

 

 

焦点距離:171.3mm(35mm換算257mm相当) / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:2500 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

逆さまになったクラゲの足をハーフマクロで切り取りました。いつも足と呼んでいますが、正式には口腕という名称があるそうです。非常に細かいフリルが美しく、その前を横切る赤い糸状の触手がアクセントになっています。

 

焦点距離:70mm(35mm換算107mm相当) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/105秒 / ISO:1250 / 使用機材:FUJIFILM X-T4 + フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR

 

夜になるとイルミネーションが輝きだしました。素敵な音楽の演出もあり、それは写真には写らなかったのですが、音がないからこそ写真は素晴らしいのかもしれないと改めて感じました。

 

スマホより短い超望遠ズーム

手にした時はその小ささと軽さのインパクトが強かったのですが、いざ使ってみると描写がまた良かったのです。主役はクリアでシャープに、そして脇役は美しいボケ味をもって主役を引き立ててくれたからです。もちろん35mm換算457mm相当までの焦点距離でありつつ片手に収まる軽いレンズであることは撮影者の味方になってくれました。よいタイミングを狙うためにカメラを構えたまま待ち続けるにしても、よい撮影場所へ移動するために持ち運ぶにしても、小型軽量であることは重要なファクターであり撮影の幅を広げてくれます。高い描写性能とコンパクトの両立こそが当レンズの真髄です。ぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff

RECOMMEND

PAGE TOP