StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

2023年01月29日

絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

今回ご紹介するのは伝説のカールツァイス大口径レンズ「ゾナー」のレンズ構成を継承した『Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM』です。レンズ名称に付けられた“C”は、往年のコンタックスレンジファインダーカメラ用にラインナップされていた評価の高いクラシックレンズをZMマウントとして新たに設計したシリーズを意味します。

開放絞りで使えばクラシカルな写りの印象もあるこのレンズですが今回使ってみた感想は「思ったよりも整っている」でした。今回はレンズシェードを装着して撮影に臨みましたがそういったことも理由の一つかもしれません。あえて未装着で使っている方もいるレンズだと思いますので、このあたりで何か違いを感じていただければ幸いです。

 

絞り:F4 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

 

絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

開放絞りでも状況によってはこんな風にスッキリとした立体感を見せてくれる時があります。肉眼で被写体を見た時の輪郭線を忠実に再現してくれるのが心地よいレンズです。

 

絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

このレンズを以前他のボディで使用した経験があるのですが、その時は「クセと味と柔らかい写りをするレンズ」という印象でした。冒頭でも触れましたがレンズフード有無で光の受け方も変わるかもしれない、ということと全て絞り開放で撮影をしていた。という色々な理由を振り返りながら撮影していました。

 

絞り:F4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

 

絞り:F4 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

F4まで絞ったときの鮮鋭度の高い描写もたまりません。陰影のつき方が見事で立体感も感じることもできる一枚です。実はこのレンズF値を変更するとピント位置がずれる「フォーカスシフト」という特性がありますが絞ったときのシャープさと被写界深度の深さでそこまで気にならないかもしれません。

 

絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

 

絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

開放絞りと逆光でやさしいフレアが出てきますし、光に向けて撮ることで硬めだった画もやわらかくなります。クラシックレンズの良いところを持ちつつ、開放絞りでもしっかりと写るときは写る。難しい性格をしているレンズもある中、まずこの一本を手始めに。というのも良いと思います。

 

絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

 

絞り:F8 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M10-P + Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

 

 

 

こんなにカッチリ写るレンズだったろうか?と思ったのが今回の本音です。硬い光を使って撮るとその通りに画も硬くなり、柔らかい光を使えばその光で全体的に画が柔らかくなる。当たり前といえば当たり前の話なのですが、撮影者の撮り方次第だ、と画で説かれているような気になりました。ファーストカットに選んだ写真は逆光を取り込んだ一枚ですが、おそらくこういった光がこのレンズにとってスウィートな光なのでしょう。しかし、もしかするともっと美味しいポイントがあるのかもと、撮影が終わった今でも可能性のあれこれを考えてしまうレンズです。二度、三度「フォーカスシフト」という特性まで考えて使っていくのであれば文字通り「相棒」のような信頼関係を築いて初めて使いこなせるレンズなのかもしれません。

もちろんその過程が難しくて使えない、というわけでもありません。多少ピントがずれようと「なにかいい」と思わせてくれる画を出してくれるのがこのレンズ。使いこなすその時までの過程も楽しみつつ、長く付き合える『Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM』をぜひあなたのそばに。

 

Photo by MAP CAMERA Staff

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古決算セール LeicaBpoutique11th

RECOMMEND

PAGE TOP